映画「オーシャンズ13」


ジョージ・クルーニー                 アル・パチーノ

今回はスティーヴン・ソダーバーグ監督2007年製作「オーシャンズ13(OCEAN’S THIRTEEN)」をピックアップする。
2001年「オーシャンズ11」2004年「オーシャンズ12」に続くジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットらハリウッド豪華スター競演によるクライム・ムービーの第3弾だ。


ブラッド・ピット             アンディ・ガルシア、エレン・バーキン

【ストリー】
ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)率いるプロフェッショナルな犯罪チーム“オーシャンズ”のメンバーの一人、ルーベン(エリオット・グールド)は、今まさに生死の境を彷徨っていた。世界を股にかけるホテル王、ウィリー・バンク(アル・パチーノ)と組み、ラスベガスに新たな巨大ホテルを立ち上げようとしていた矢先、バンクの裏切りによってホテルを乗っ取られ、失意のあまり心筋梗塞で倒れてしまったのだ。ルーベン危篤の報せに、盗み出す寸前だった大金さえも放り出し、ラスベガスへ駆けつけたラスティー(ブラッド・ピット)。やがて病床に集まったライナス(マット・デイモン)たち“オーシャンズ”のメンバーは、バンクへの復讐を誓う。まもなくダニーは、バンクへの最後の警告として、ホテルの権利を返した方が身のためだと伝えるが、バンクは平然とこれを拒否。所有するすべてのホテルで最高の格付けを得てきたバンクには、“オーシャンズ”など所詮敵ではないと思えたのだ。一方、“オーシャンズ”の狙いは、バンクがルーベンから奪い取った、まもなくグランド・オープンを迎える超高級ホテル“バンク”。カジノを併設するそのホテルは、世界最新にして最高の人工知能セキュリティ“グレコ”に守られていた。だが、“オーシャンズ”は仲間の借りを返すため、金品のみならずバンクのすべてを奪い取るつもりだ。そして“オーシャンズ”にとって因縁の宿敵であり、バンクのライバルであるベネディクト(アンディ・ガルシア)、またバンクの右腕である女性アビゲイル(エレン・バーキン)らも巻き込んで、壮大なリベンジ計画が繰り広げられるのだった。


ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット

題名:OCEAN’S THIRTEEN
邦題:オーシャンズ13
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮:スーザン・イーキンス、グレゴリー・ジェイコブス、フレデリック・W・ブロスト、ブルース・バーマン、ジョージ・クルーニー
製作:ジェリー・ワイントローブ
脚本:ブライアン・コペルマン、デイヴィッド・レヴィーン
撮影:スティーヴン・ソダーバーグ
美術:フィリップ・メッシーナ
衣装:ルイーズ・フログレイ
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:デイヴィッド・ホームズ
撮影機材:パナビジョン
特機機材:チャップマン(Chapman)
フィルム:イーストマンコダック
現像:テクニカラー
出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、アル・パチーノ、エレン・バーキン、ドン・チードル、バーニー・マック、ケイシー・アフレック、スコット・カーン、エディー・ジェミソン
2007年アメリカ/シネスコサイズ・カラー122分35mmフィルム
オーシャンズ13 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


マット・デイモン、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット