映画「新・座頭市物語」

新・座頭市物語新・座頭市物語
勝新太郎                       坪内ミキ子

今回は田中徳三監督1963年製作「新・座頭市物語」をピックアップする。
シリーズ第3作となる本作は、初カラー作品となる。後に続く作品も継承しているが、濃度の薄いマゼンダ系のフィルターをレンズに付けている。一般にグリーンを抑える為に使うのであるが、フィルムが富士フィルムだとしたら納得が行く処理だと思う。(ノンクレジット)
本作は河津清三郎さんが演じる座頭市の師匠が登場し、東映では見せないイイ味を出している。

座頭市シリーズ

新・座頭市物語新・座頭市物語
河津清三郎                    河津清三郎、近藤美恵子

【ストリー】
“めくらやくざ座頭市”(勝新太郎)は数年振りで故郷笠間へ足を向けた。途中、鬼怒川の湯治場に寄った市を追いかけて来たのは、かつて彼に斬られた関宿の勘兵衛の弟安彦の島吉(須賀不二男)と乾分たち、だが、斬合いのさなかに来合せた市の剣の師匠伴野弥十郎(河津清三郎)が仲に入って、市を下館の家へ伴れ帰った。弥十郎の妹弥生(坪内ミキ子)は、足が不自由なため縁談が度々こわれていたが、市には優しく暖かった。そんな頃、奥村紀之介(丹羽又三郎)をはじめとする水戸天狗党の落武者数名が下館の宗源寺まで落ちのびて来たが、逃亡の旅費に窮してむかしなじみの弥十郎を頼って来た。そこで弥十郎は紀之介から金策の手段として強盗の手引きを頼まれた。弥十郎は、この頼みに悪計を考え出し、門弟たちに座頭市の居合を披露させると皆を集めた。その帰途、弟子の一人で郷土神田陣八郎(南部彰三)の息子欽吾(高倉一郎)は天狗党一味に誘拐された。その夜市は弥生から思いがけない結婚の申し出を受けた。感激した市は生れ変って堅気になることを誓った。そんなところへ、島吉が真剣勝負をいどんできた。市は弥生に誓った通りやくざの足を洗ったといって弥生ともども島吉に許しを乞うた。島吉はその潔い態度に、今までの恨みを水に流すと言って去った。二人は弥十郎に結婚の許しを乞うが、怒った弥十郎は市を破門した。そんなところに、陣八郎が脅迫状を持って弥十郎の許に相談に来た。三百両と引替に欽吾を渡す、今夜九ツ半、場所は羅漢の森というのだ。弥十郎は何くわぬ顔で自分も立合うことを約した。居酒屋油屋に寄った弥十郎は、言葉の行き違いから島吉を無礼打にした。市は、育ての親お茂ばあさん(武智豊子)の家に行く途中、羅漢の森で天狗党一味と出会った。すべてを知った市は、彼らと血戦をいどみ、そのことごとくを斬った。そこへ駆けつけて来た弥十郎は怒りのあまり市に成敗の剣を抜いた。だが、市の捨身の剣に弥十郎は倒れた。市の後を追ってその場へやって来た弥生は呆然と立ちつくすのみだった。市はその弥生に頭を下げると、淋しそうに去って行くのだった。

新・座頭市物語新・座頭市物語
新・座頭市物語                    河津清三郎

題名:新・座頭市物語
監督:田中徳三
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔、梅林貴久生
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
音効:倉島暢
美術:太田誠一
擬斗:宮内昌平
編集:山田弘
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡徹
助監督:土井茂
色彩技術:梶谷俊男 ※色彩技術(計測)=撮影部チーフ助手
スチール:浅田延之助
出演:勝新太郎、坪内ミキ子、河津清三郎、近藤美恵子、真城千都世、丹羽又三郎、中村豊、須賀不二男、遠藤辰雄、伊達三郎、南部彰三、武智豊子、高倉一郎
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
新・座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

新・座頭市物語新・座頭市物語
勝新太郎                      新・座頭市物語