映画「フレッシュマン若大将」



加山雄三                        酒井和歌子

今回は福田純監督1968年製作「フレッシュマン若大将」をピックアップする。
本作は、1969年1月1日に公開された若大将シリーズの第13作になる。
今作より加山雄三さんのキャラクターが学生から社会人になり、社会人編の第1作でもある。恋人役は澄ちゃん(星由里子さん)から節ちゃん(酒井和歌子さん)に代わる。1966年の「レッツゴー!若大将」で酒井和歌子さんがスチュワーデス役で短く登場するが、カメラテストあるいは現場テストだったのだろうかと推測する。


田中邦衛、酒井和歌子                    江原達怡、中真千子

【ストリー】
田沼雄一(加山雄三)は、老人を連れた高木節子(酒井和歌子)にタクシーを譲ったために、日本自動車の就職試験に間にあわなかった。受験を拒否された雄一に話しかけたのは、社長の猪股(藤田進)だった。そこで雄一は、理由も聞かず追いたてた試験官の態度を非難した。それから間もなく、雄一は彼が社長と知ったが後の祭だった。が、猪股は、率直な雄一に好感を持ち、彼を採用した。一方、田沼家では婿養子の江口(江原達怡)が、“田能久”の暖簾を継ぎ、祖母のリキ(飯田蝶子)は大張切りだった。お蔭で、すっかり影のうすれた久太郎(有島一郎)は、うっぷん晴らしにスナック通いに明け暮れるのだった。さて、雄一が配属されたのはサービス課。早速、取引先東西オートの副社長就任祝いに出かけた。ところが、その副社長が落第生の石山(田中邦衛)だったのには驚いた。それから雄一は、日曜毎に自動車の修理工場に通いはじめた。それは整備士の免許をとることと節子に会える楽しみからだった。石山が節子に求婚したのは、そんな折りだった。それからの雄一は、何をやってもヘマばかり、心の動揺はぬぐえなかった。そんなある日、東北オートの得意先、北斗観光の竹内社長(高田稔)が上京した。雄一は、石山と空港に出向いたものの、石山は途中で出会った節子と雲隠れしてしまった。その結果は、さんざんだった。顔を知らない雄一は、お得意先を商売仇にさらわれ途方に暮れてしまった。そこへ、石山が竹内を連れて戻って商取引きは万事順調に運んだ。それから数日、竹内から取引き停止の知らせが東西オートに届いた。日東製の車が、車輌不良による事故を起したというのだ。これに驚いた日東自動車は雄一を、東西車輌は石山を派遣し、不良車の調査に当らせた。事故は、商売仇の陰謀によるものだった。意気揚々と羽田に降り立つ二人。そこで節子は、石山の求婚を断り、雄一と肩を並べて去って行った。


岡田可愛                         草笛光子

題名:フレッシュマン若大将
監督:福田純
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:逢沢譲
照明:森弘充
特機:藤田昭、高原定
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:本多好文
装置:小川峰雄
装飾:早川信清、秋元和男、高津幸一
衣裳:田辺城三
結髪:中尾さかゑ
技髪:高橋勝三
記録:小林孝子
編集:氷見正久
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「フレッシュマン若大将」「いい娘だから」
製作担当:橋本利明
製作進行:石井幸一
助監督:渡辺邦彦
監督助手:奈良正博、小島不可止
撮影助手:伊地智昭亘、田辺博通、柿沼勝、牧村寿夫
照明助手:佐藤幸次郎、栗山孝三郎、池田泰平、望月英樹、北川忠利、乾勝人、本田弘明、中谷孝正
録音助手:山田守、池田昇
美術助手:小方一男、秋森直美
編集助手:加藤八重子、船沢昌介、宮田稔
演技事務:松尾武勲
製作宣伝:中須英男
スチール:岩井隆志
出演:加山雄三、酒井和歌子、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、草笛光子、藤木悠、中真千子、岡田可愛、長慶子、高橋紀子、藤岡琢也、藤田進、小泉博、高田稔、左卜全
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
フレッシュマン若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  藤木悠、加山雄三

長慶子、加山雄三                  酒井和歌子、加山雄三