映画「座頭市関所破り」

座頭市関所破り座頭市関所破り
勝新太郎                        平幹二朗
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和                        滝瑛子

今回は安田公義監督1964年製作「座頭市関所破り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第9作目になる。座頭市が旅先で知り合う庶民との交流を深めながら、悪党を成敗していくというテンプレートを基本に、座頭市の幼い頃のエピソードが明かされ、父親らしいアル中の老人儀十(伊井友三郎)との交流も描かれ、そこが良かった。残念なのは、回り込みクレーンカットで撮影部の影が入っていた。

座頭市シリーズ

座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、毛利郁子、勝新太郎             毛利郁子、高田美和

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は幼い頃の思い出を忘れかね、今は見えぬ目ながら初日の出を拝もうと妙義山に急いでいた。途中ふとしたことから新助(千波丈太郎)と名乗る旅人から手紙をことづかり、笠間の宿の旅籠、むさしやの女中お仙(滝瑛子)に届けた。市はそこで行方知れずの父を訪ねる、お咲(高田美和)に会った。一方土地の親分甚兵衛(上田吉二郎)は芸人たちの足元を見て、ショバ代を四分六で寄こせと難題を吹きかけてきた。宿の芸人達は怒ったが、代官、加島(河野秋武)と結びついた二足わらじにはどうすることもできなかった。そんなある夜、むさしやに新助が舞いもどった。新助は、代官甚兵衛の命令で、江戸へ強訴したお咲の父を殺した。しかし代官に通じてあるという甚兵衛との約束は被られ、追手におわれて宿に逃げこんだのだった。しかし非情な甚兵衛は、そんな新助をめった斬りにした。ふとしたことからこれを立ち聞した市も何も知らないお咲に真相を打明ける勇気はなかった。そんなある日、市は、甚兵衛の様子をさぐりに、その賭場へ行き得意の居合斬りでイカサマを見破り、甚兵衛、代官加島らのど胆を抜いた。だが居合せた加島の用心棒沖(平幹二朗)は、そんな市の殺気を見抜いていた。市は甚兵衛に狙れているお咲の身を案じて、居酒屋で会った父の思影をやどす老人儀十(伊井友三郎)にあづけた。しかし儀十は酒欲しさにお咲を甚兵衛に売った。代官役宅に閉じ込められたお咲を救い出すために、市は単身関所に向った。怒りにふるえる座頭市必殺の剣は、代官加島、甚兵衛らをなぎたおし、無事お咲を救出した。初日の出を迎えた、太陽が市の孤影を赤々と染めだしていた。

座頭市関所破り座頭市関所破り
滝瑛子、千波丈太郎                                上田吉二郎

題名:座頭市関所破り
監督:安田公義
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:加藤茂
装置:木村重雄
編集:山田弘
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:今村喬
助監督:渡辺実
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、高田美和、滝瑛子、平幹二朗、河野秋武、伊井友三郎、水原浩一、上田吉二郎、千波丈太郎、富田仲次郎、毛利郁子、寺島雄作、中田ダイマル・ラケット、木村玄、千石泰三
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
座頭市関所破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市関所破り座頭市関所破り
中田ダイマル・ラケット                伊井友三郎
座頭市関所破り座頭市関所破り
高田美和、勝新太郎                座頭市関所破り