映画「悪名幟」

悪名幟悪名幟
勝新太郎                         田宮二郎

今回は田中徳三監督1965年製作「悪名幟」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第10作になる。
続・悪名」「続・新悪名」で朝吉(勝新太郎)の昔の恋人”琴糸”を演じた水谷良重さんが、“びっくり鍋”という小料理屋の娘を演じている。”琴糸”は重要で気がかりな役柄だっただけに残念だが「男はつらいよ シリーズ」でもあった事だ。

悪名シリーズ

悪名幟悪名幟
水谷良重                         内田朝雄
悪名幟悪名幟
佐藤慶                         勝新太郎、水谷良重

【ストリー】
大阪へ舞い戻った朝吉は“悪名”の足を洗う決心で、清次との別れの宴を“びっくり鍋”という小料理屋で開いた。宴も終り朝吉は、あり金をはたいて清次の旅費として与え、宴の払いは“びっくり鍋”で働いて払うと申しでた。これに同情した、店で働くお米は、稼がせてやろうと朝吉を女ばかりの賭場へ案内した。ここで朝吉は町工場の女社長・お政を相手に百万以上の大金を勝ちとった。窮したお政は、小切手を乱発した。だがこれを使えば小切手は不渡りになり工場はつぶれてしまう。これを知った朝吉は、胴元・遠藤に取りたての延期を頼んだ。しかし遠藤はこれを拒否した。困りはてた朝吉は賭場の元締・春田正太郎という、この土地の親分に話を持ちこんだ。ところが意外にもこの親分というのが“びっくり鍋”のおやじでお米の父であった。清次を送りだした朝吉は翌朝正太郎に直談判した。正太郎も一旦はどなりつけたものの朝吉の男気にほれて、小切手はそのままお政に帰された。そしてお米といい仲になった朝吉はこの土地でラーメン屋の屋台店を出した。が、これを面白く思わない遠藤は、お政をだまして、工場を抵当に借用書を書かせる一方、身内の中津組にたのんでいやがらせをはじめた。ところがこの用心棒の一人は、故郷へは帰らず、今では中津一家のいい顔になった清次であった。この関係を知った遠藤は清次を痛めつけた。一方正太郎はこんな遠藤の非道ぶりをとがめ、達藤を破門した。窮地にたった遠藤は、正太郎を殺し、お政の息子健太郎を誘拐して朝吉を脅迫した。朝吉は工場の権利書と引きかえに健太郎を取り戻すと、“悪名”の血を爆発させ、かけつけた清次と共に遠藤と中津を打ちのめした。二人はまたしっかり手をにぎり合った。

悪名幟悪名幟
ミヤコ蝶々                     水谷良重、勝新太郎

題名:悪名幟
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:奥村雅弘
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:楠本栄一
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:太田昭和
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、水谷良重(水谷八重子)、ミヤコ蝶々、佐藤慶、内田朝雄、千波丈太郎、島田竜三、毛利郁子、ミス・ワカサ
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー81分35mmフィルム
悪名幟 (のぼり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名幟悪名幟
勝新太郎、田宮二郎                   悪名幟
悪名幟