映画「さらばベルリンの灯」


ジョージ・シーガル                     センタ・バーガー

今回はマイケル・アンダーソン監督1966年製作「さらばベルリンの灯(THE QUILLER MEMORANDUM)」をピックアップする。本作は、拳銃も所持せず派手なアクションもしない、地道な調査活動を続けるイギリス諜報部員とネオ・ナチの闘いを描いたものだ。007シリーズの様な娯楽性はないが、心理描写が緻密な構成であると思う。


マックス・フォン・シドー

【ストリー】
第2次大戦後、ドイツ国内にクーデターを起こそうとするネオ・ナチの動きが活発化していた。その主導者はオクトーバー(マックス・フォン・シドー)という男であった。そんなある日ベルリンで、イギリスの諜報部員のひとりが、ネオ・ナチのため暗殺された。彼の後任として、クィラー(ジョージ・シーガル)が中東から転任してきた。勿論ネオ・ナチの本拠をつきとめるのが任務であつた。彼は古参の諜報部員ポル(アレックス・ギネス)からそれまでの経過を知らされると、さらに詳しい情報を得るために、ある日記者と名乗ってベルリン郊外のある学校を訪れた。彼はその時ネオ・ナチに関する情報は得られなかったが、美人教師インゲ(センタ・バーガー)を知ったのである。幾度か会うようになったふたりの友情は激しい恋に燃えあがっていった。しかしクィラーはある日、ネオ・ナチの一味に誘拐され、厳しい訊問を受けた。だが決してイギリス諜報部のベルリン所在地を明かしはしなかった。そこで頭目のオクトーバー(マックス・フォン・シドー)はクィラーの後をつけさせた。簡単に彼らをまいたクィラーは翌日諜報本部に、ネオ・ナチの陰謀を伝え、単身その本拠に乗り込ませてくれと頼んだ。承認を得た彼はインゲの協力を得てネオ・ナチの本拠を知っているという男に会うことが出来た。その男はインゲの勤める学校の校長だった。クィラーはインゲを連れ、校長の手引きで本拠に乗り込んだ。そこは戦争中ナチの高官連が住んでいた豪華な邸であった。ところが彼らの行動に気づいたオクトーバーはインゲを人質にし、彼女の生命とひきかえに、諜報部の所在地を言えと攻めたて、退去を命じた。邸を出たクィラーはふと自分の車にしかけられた爆弾に気づき、うまく調節し爆発させた。彼の死を信じて安心するオクトーバーが逮捕されたのは、それから間もなくのことである。


センタ・バーガー、マックス・フォン・シドー

題名:THE QUILLER MEMORANDUM
邦題:さらばベルリンの灯
監督:マイケル・アンダーソン
製作:アイバン・フォックスウェル
原作:アダム・ホール(エルストン・トレヴァー)「不死鳥を倒せ」
脚本:ハロルド・ピンター
撮影:アーウィン・ヒリヤー
編集:フレデリック・ウィルソン
音楽:ジョン・バリー
撮影機材:パナビジョン
現像:デラックスカラー
出演:ジョージ・シーガル、センタ・バーガー、アレック・ギネス、マックス・フォン・シドー、ジョージ・サンダース、ギュンター・メイスナー、エディス・シュナイダー、ピーター・カーステン
1966年イギリス/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム
さらばベルリンの灯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ジョージ・シーガル        さらばベルリンの灯(THE QUILLER MEMORANDUM)