映画「まむしの兄弟 お礼参り」


菅原文太                     川地民夫、菅原文太

今回は本田達男監督1971年製作「まむしの兄弟 お礼参り」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第2作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


安藤昇                         工藤明子

【ストリー】
州本で一家をかまえる父竹之助が、自分の縄張りにレジャーランドを建設しようとする兵頭組の申しでを断わったために暗殺されたことを知った京一(久保明)は、政(菅原文太)と勝(川地民夫)の助けを借て脱走を計るが失敗し殺されてしまう。刑期を終えた政と勝はこれが縁で藤島組にワラジをぬぐことになった。早速二人は兵頭が経営するソープランドに殴り込みをかけ意気揚々と引きあげるが、京一の姉あき(工藤明子)は、素人衆にまで迷惑をかけたと怒り、二人は仕方なく一家を後にする。しかし、あきに未練のある政は、あきの危機を知ると駆けつけて大暴れするが、そこへ、京一の死に水をとった大阪大同会幹部二階堂(安藤昇)が現われ、さしもの兵頭(遠藤辰雄)も引きさがるしかなかった。腹のおさまらないのは政で、二階堂に喰ってかかるが、かなう筈もなかった。焦った兵頭は最後の手段としてあきを人質にした上、二階堂を闇討ちにしてしまった。二階堂の死によって大同会の助っ人が州本に向う。助っ人がくるまで兵頭を叩くことが男を売るチャンスとばかりマシンガンで武装した二人が兵頭組に殴り込みをかけた。二人の活躍はめざましく、ついに兵頭を追いつめ、とどめを刺した。夜明けの太陽が海岸を照らし始めた頃、二人は意気揚々と14回目の懲役に向うのだった。


谷村昌彦                        菅井きん

題名:まむしの兄弟 お礼参り
監督:本田達男
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、佐藤雅夫
原案:斯波道男
脚本:高田宏治、鳥居元宏
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:東城絹児郎
美術:石原昭
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:菊池俊輔
進行主任:長岡功
助監督:清水彰
スチール:杉本昭三
出演:菅原文太、川地民夫、安藤昇、工藤明子、久保浩、女屋実和子、三島ゆり子、遠藤辰雄、名和広、谷村昌彦、芦屋小雁、潮健児、広瀬義宣、有川正治、菅井きん、北村英三
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
まむしの兄弟 お礼参り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


工藤明子、名和宏、遠藤辰雄             菅原文太、川地民夫