映画「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」


菅原文太                         川地民夫

今回は中島貞夫監督1972年製作「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第4作になる。同時上映は「女囚701号さそり」であった。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


北林早苗                         渡瀬恒彦

【ストリー】
18回目の刑務所暮らしから釈放された政(菅原文太)は、出迎えた勝(川地民夫)と神戸へ戻って来た。空っけつの二人は、バラック建ての歓楽街“おかめ横丁”にやって来た。そして売春バーの客となるが、女達に無一文がバレてしまい、用心棒のかなり年を取った鉄(殿山泰司)と辰(北村英三)の二人と大乱闘になる。ところがこの鉄と辰も、政らと同じ“まむしの兄弟”と名乗っていたので、またまた大騒動となった。翌日、刑務所で知り合った矢東会の山崎(待田京介)から政と勝は“おかめ横丁”の鉄らを痛めりけるようにと依頼された。矢東会とつながりのある、東栄建設が“おかめ横丁”を立ちのかせ、跡に娯楽センターを作るというのである。バキュームカーを持ち出した政と勝は“おかめ横丁”に乗り込み、鉄と辰と争っているときに、鉄の一人娘お藤(北林早苗)が仲裁にとび込んで来た。この美貌のお藤に一目惚れした政と勝は喧嘩を中断する。それからというものは、下僕然とお藤につきまとう。その頃、山崎に兄を殺されたという若者、リキ(渡瀬恒彦)が山崎を狙うが逆に捕われ、私刑を受けた。やがて、矢東会と山崎が強制執行と称し、やくざを使って“おかめ横丁”を壊し始めた。対抗する住民と政と勝それに辰と鉄。ところが、弛けつけて来たパトカーに、政と勝が住居侵入罪などで逮捕されてしまったのである。その間、鉄が山崎に殺されてしまった。やがて、釈放された政と勝は“おかめ横丁”の壊滅と鉄の死を知る。激怒した政と勝は「おっさんの仇討ちや、兄弟死ぬときは一緒やでえ!」とバキュームカーを駆って東栄本社めざして突撃していくのだった。


殿山泰司、北村英三、八木孝子               待田京介

題名:まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原案:斯波道男
脚本:佐治乾、蘇武道夫
撮影:山岸長樹
照明:中山治雄
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:近藤幸一
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:宮本信太郎
音楽:広瀬健次郎
進行主任:俵坂孝宏
助監督:篠塚正秀、深尾道典
演技事務:伊駒実麿
スチール:藤本武
出演:菅原文太、川地民夫、渡瀬恒彦、北林早苗、女屋実和子、三島ゆり子、遠藤辰雄、天津敏、待田京介、殿山泰司、菅貫太郎、高宮敬二、国一太郎、八木孝子、武智豊子、北村英三
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


遠藤辰雄                     菅原文太、川地民夫