映画「ラスト・ムービースター」

ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
バート・レイノルズ               アリエル・ウィンター

今回はアダム・リフキン監督2017年製作「ラスト・ムービースター(THE LAST MOVIE STAR)」をピックアップする。全米公開から遅れて2019年9月6日に日本で公開された。私は17日に新宿シネマカリテで観て来た。本作は、2018年9月6日に逝去した名優バート・レイノルズ最後の主演作であり、本人の境遇と絶妙にシンクロした設定と迫真の演技の傑作である。
先日紹介した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でレオナルド・ディカプリオが演じる主人公の俳優リック・ダルトンと、ブラッド・ピット演じるスタントマン、クリフ・ブースのモデルはバート・レイノルズとハル・ニーダムであるが、クエンティン・タランティーノ監督は、彼を盲目のスパーン映画牧場主の役で起用しようとしていたが、死去により叶わなかった。

ラスト・ムービースターさすらいのガンマン
バート・レイノルズ(右はCG合成)            さすらいのガンマン(NAVAJO JOE/1966年)
ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
バート・レイノルズ、アリエル・ウィンター

【ストリー】
かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)は、ある映画祭から功労賞受賞の招待状を受け取る。しぶしぶ参加したエドワーズは、騙しに近い名もない映画祭だと知り憤慨するが、そこは彼が生まれ育った街ノックスビルの近くだった。自分が育った家や、大学のフットボールで活躍したスタジアムなどを目にしたエドワーズの脳裏に、過去の思い出がよみがえる……。

ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
ラスト・ムービースター(THE LAST MOVIE STAR)

題名:THE LAST MOVIE STAR
邦題:ラスト・ムービースター
監督:アダム・リフキン
製作総指揮:ブレット・トマソン、エリク・クリッツァー
製作:ゴードン・ホワイトナー、アダム・リフキン、ブライアン・キャバレロ
脚本:アダム・リフキン
撮影:スコット・ウィニグ
美術:ブレット・A・スノッドグラス
編集:ダン・フレッシャー
音楽:オースティン・ウィントリー
出演:バート・レイノルズ、アリエル・ウィンター、クラーク・デューク、エラー・コルトレーン、ニッキー・ブロンスキー、チェビー・チェイス、キャシー・ノラン
2017年アメリカ/シネスコサイズ・カラー103分デジタルシネマ
公式サイト

ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
ラスト・ムービースター(THE LAST MOVIE STAR)キャシー・ノラン