映画「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」


菅原文太、川地民夫                    東三千

今回は工藤栄一監督1974年製作「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」をピックアップする。
まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作は第7作になる。今回は不良少女ジュン(東三千)というキャラクターが異彩を放っている。シリーズ中で最も良かった作品ではないかと思う。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」東三千

菅原文太、女屋実和子                 川地民夫、三島ゆり子

【ストリー】
久し振りに出所した政太郎ことゴロ政(菅原文太)と、ゴロ政を迎えに来た舎弟分の勝(川地民夫)の二人は、神戸・新開地に舞い戻った。新開地は、新興やくざの加賀組が勢力を誇っており、見むきもされないゴロ政と勝は、腹いせに組長加賀の経営する高級クラブで大暴れした末に、チンピラたちに掴まってしまった。だが二人は、不良少女ジュン(東三千)に救出された。一人ぼっちのジュンは、男になりたいばかりに、まむしの兄弟を救い、その代りに五分の兄弟分としてまむしの仲間に加えてもらおう、という魂胆だった。翌日、ジュンを仲間に入れたまむしの兄弟が、加賀組への復讐戦の作戦を練っているところへ、加賀組の本家・神童会幹部・塚本(渡辺文雄)が現われた。その塚本は以外にも勝を捜しに来たのだった。というのは、勝の本名は尾沢勝彦といい、3歳の時、両親と離れ離れになったのだが、現在、彼の父は死亡してはいるが母の弥生(三宅くにこ)が大へんな資産家で、病弱な彼女は是非我が子に会いたがっているとのことだった。勝はゴロ政に引率してもらい恐る恐る弥生に会った。親子の対面に感激したのは勝よりもむしろゴロ政だった。ゴロ政は勝のたっての頼みでしばらく居候することにした。だが、この話には裏があった。弥生の財産に目をつけた塚本は、勝に遺産を継がせてから、騙し取ろうとしていたのだ。ところが、弥生の体力か徐々に回復してきたのに慌てた塚本は、邪魔なゴロ政を尾沢家から追い出し、弥生を注射で殺そうとした。塚本の不穏な動きを察知した勝は、弥生を車椅子に乗せて逃げ出し、新開地へまぎれ込んだ。ここでもジュンが大活躍して追手をまいた。しかし、翌日ゴロ政、勝、弥生、ジュンが隠れている家を、加賀組が包囲した。ゴロ政と勝はジュンが弥生を連れ出している間に、大暴れをしてカモフラージュしたが、執拗な加賀組の追跡で、ゴロ政が駈けつけた時にはジュンは倒れていた。美しい少女のように笑みを浮べて息絶えるジュンを残して、ゴロ政と勝はショット・ガンを握りしめ、日本刀を振りかざして、加賀組の事務所へ突入していった。


成田三樹夫                        菅貫太郎

題名:まむしの兄弟 二人合わせて30犯
監督:工藤栄一
企画:橋本慶一
脚本:鴨井達比古
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:近藤幸一
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:山崎武
擬斗:上野隆三
記録:田中美佐江
編集:宮本信太郎
音楽:広瀬健次郎
進行主任:大岸誠
助監督:牧口雄二
演技事務:西秋節生
スチール:諸角義雄
出演:菅原文太、川地民夫、東三千、三島ゆり子、女屋実和子、三宅くにこ、松平純子、渡辺文雄、菅貫太郎、成田三樹夫、汐路章、成瀬正孝、片桐竜次
1974年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
まむしの兄弟 二人合わせて30犯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」東三千

三宅くにこ                        菅原文太