映画「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」


川地民夫、菅原文太                    浜木綿子

今回は山下耕作監督1973年製作「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第5作になる。同時上映は「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」であった。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


渡瀬恒彦                         ひし美ゆり子

【ストリー】
刑務所を釈放されたばかりの、まむしのゴロ政(菅原文太)は弟分の不死身の勝次(川地民夫)と神戸へ繰り込んだ。ところがバー“ユキコ”のママ、倉石優子(浜木綿子)にひと目惚れし、優子の4歳になる娘を、名古屋で水上生活を送るおばあちゃんのたか(三益愛子)が、預ったまま返してくれないと聞いた政と勝は名古屋へと向かった。名古屋へ着いた二人は、早速、暴力バーやインチキソープランドに引っかかり、大暴れしたものの、痛めつけられ放り出された。その二人を助けてくれたのが、たかだった。翌日、政と勝次は先日の暴力バーのマスター真吉(渡瀬恒彦)がたかの息子だと知る。そして、その真吉に芝江組が狙いをつけ、ショバ代を捲き上げようと責めたてていた。そんなある日、神戸から優子自らユキコ(鎌田知佐)を引きとりに来たが、たかは、赤ん坊を捨ててとび出した女には可愛いい孫を渡せぬ、と頑強に拒否。思いあまった優子はユキコの父親、芝江組々長の多三郎(小松方正)に会うが、冷たく突っぱねられ、挙句の果てに、組員たちに凌辱されてしまった。ぼろ布のようになって帰って来た優子を見たたかは「私が悪かった」と詫びるのだった。怒った政と勝次は、持ち前のしつこさで、何度も何度も芝江組に殴り込むうちに政が警察に掴ってしまった。一方、芝江組の脅迫を受けて、優子、ユキコ、たか、真吉らは神戸へ逃げ出そうとしたが、追って来た子分に真吉が殺されてしまった。やがて、出所した政と勝次は、盗んだパトカーで芝江の邸宅へ突っ込み、奪った猟銃や拳銃で大暴れ、真吉の仇を討つのだった。


三益愛子                     曽根晴美、渡瀬恒彦

小松方正                              川地民夫、菅原文太、女屋実和子、三島ゆり子、浜木綿子

題名:まむしの兄弟 刑務所暮し四年半
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、武久芳三
原案:斯波道男
脚本:野上龍雄
撮影:山岸長樹
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:上野隆三
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
進行主任:植田正直
助監督:俵坂昭康
演技事務:西秋節生
スチール:諸角義雄
出演:菅原文太、川地民夫、渡瀬恒彦、三益愛子、浜木綿子、三島ゆり子、女屋実和子、ひし美ゆり子、遠藤辰雄、小松方正、南利明、曽根晴美、大泉滉、鎌田知佐
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
まむしの兄弟 刑務所暮し四年半 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡瀬恒彦、ひし美ゆり子               菅原文太、菅原文太