映画「女番長 野良猫ロック」


「女番長 野良猫ロック」梶芽衣子

和田アキ子                                梶芽衣子

今回は長谷部安春監督1970年製作「女番長 野良猫ロック」をピックアップする。
本作は、今も活躍する歌手の和田アキ子さん主演で梶芽衣子さん達ベテラン俳優が助演し、新宿駅西口の高層ビル群が出来る前に撮られている。懐かしい風景が随所に見られ、バイクの疾走シーンでは西新宿地下街、歩道橋などを無許可で撮影しているのが凄かった。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


范文雀                                  和田浩治

【ストリー】
土曜日の新宿の街は爆発する若者のエネルギーでムンムンしていた。西口の工場現場では若い女達の二つのグループ、十数名が鋭く対立していた。番長・メイ(梶芽衣子)が乗り込むや、他方の番長・トシエ(小磯マリ)の合図でナイフとパンチの凄惨な乱闘がくり広げられた。バギーを運転する勝也(藤竜也)をボスにする黒シャツ隊がトシエ達に加勢してきた。それを見守っていた流れ者・アコ(和田アキ子)はオートバイに跨り、敵を蹴散らしてメイ達を助け出した。アジトに逃げ帰ったメイ達は、アコに畏敬の念をいだき始めた。一方、アジトにたむろするメイの恋人、道男(和田浩治)は黒シャツ隊の元締めである青勇会に取り入り、幼なじみのボクサー・ケリー(ケン・サンダース)を抱き込んでボクシングの八百長を引き受け、青勇会の会員にしてもらおうとしていた。その夜の試合で負けを強いられていたケリーは得意のパンチを出せず、KO寸前だった。しかし、アコやメイの強烈な声援に奮起し、八百長を忘れ、相手をKOしてしまった。道男に八百長をひっくり返された青勇会は怒り狂い、道男に落とし前をつけた。恋人を殺されそうになったメイは、アコの協力で青勇会に殴り込み、ひん死の道男を救い出す。だが、怒りに燃えた青勇会に道男は殺されてしまう。そして、その仇を討ったメイも、ショットガンの弾丸を浴びて死んだ。月曜日の朝、アコは爆音を残して新宿の街から去って行った。


藤竜也                                      睦五郎

題名:女番長 野良猫ロック
監督:長谷部安春
企画:佐々木志郎
製作:笹井英男、飯島亘
脚本:永原秀一
撮影:上田宗男
照明:梅野義雄
録音:杉崎喬 (目黒スタジオ)
美術:斎藤嘉男
擬斗:沢田和
編集:鈴木晄
音楽:鈴木邦彦 主題歌:和田アキ子「野良猫ロック」「男と女のロック」
現像:東洋現像所
製作担当:金沢博
助監督:蔵原惟二
色彩計測:永塚各一郎
スチール:浅石靖
出演:和田アキ子、梶芽衣子、和田浩治、范文雀、藤竜也、中丸忠雄、ケン・サンダース、小磯マリ
1970年日本・ホリ企画+日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
女番長 野良猫ロック -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新宿駅西口の歩道橋                          和田アキ子