映画「東京暗黒街 竹の家」


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

ロバート・スタック              シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)

今回はサミュエル・フラー監督1955年製作「東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)」をピックアップする。本作は東京(浅草松屋の屋上、月島、銀座など)、神奈川(横浜港、鎌倉など)、山梨で、43日間にわたり日本で撮影が行なわれ、室内シーンの多くは、ハリウッドの撮影所に作られた日本家屋などのセットが使われている。
特筆すへきは、富士山をバックに蒸気機関車が走るトップシーン(上画)で、富士山麓電鉄(現・富士急行線)の富士吉田駅と河口湖駅の区間約5kmを、20世紀フォックス社が借り切って撮影したそうだ。
1955年2月7日から9日の午前7時30分から午後4時まで、列車を運休して撮影するという前代未聞の撮影は、戦後10年経った当時、アメリカ政府、軍の圧力と日本政府、外務省、運輸省、山梨県、東京都などの忖度があって実現したものである。
開業時から電化されていた富士山麓電鉄(現・富士急行線)は、蒸気機関車はなく、わざわざ国鉄(現・JR東海)から借りて来たそうだ。
(ウィキペディア参照)


ロバート・ライアン                  ブラッド・デクスター、ロバート・スタック、早川雪洲

【ストリー】
日本の富士山麓で列車ギャング事件が起こり、アメリカ軍の兵器が 奪われ、軍曹が殺される。東京警視庁のキタ警部(早川雪洲)はアメリカ憲兵隊と協力し、ハンスン大尉(ブラッド・デクスター)と共に捜査に乗り出す。数日後、ギャングは東京の工場を襲い、その時傷ついた一味の1人ウェッバーが逃げおくれて死ぬ。ハンスン大尉は男の所持品の中からスパニア(ロバート・スタック)という男の手紙を発見し、その内容から、スパニアがアメリカの刑務所に入っていること、出所したら東京へ来ることなどが判明する。またナゴヤ・マリコ(シャーリー・ヤマグチ)という日本人の女性の写真も発見され、この女はウェッバーと結婚していたのである。東京へ来たスパニアはマリコに会い、ウェッバーが殺されたことを知る。彼はやがてグリフとその親分サンディ(ロバート・ライアン)の組織するギャングの仲間入りをしたが、実はハンスン大尉の頼みでスパイとして一味の行動を探ることになったのである。スパニアとマリコは次第に親しくなり、ギャングが大工場を襲撃した際、自分がスパイであることを告げてハンスン大尉への連絡を頼むようになる。サンディ一味は次に銀行の現金輸送車を襲う計画をたてるがマリコが事前に憲兵隊へ知らせたので失敗に帰し、スパニアがスパイであったことを知る。そこでサンディは計略をつかって彼を警官に射殺させようとするが失敗し、かえってスパニアに殺されてしまう。スパニアはマリコと結ばれる。


シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)           ロバート・スタック

題名:HOUSE OF BANBOO
邦題:東京暗黒街 竹の家
監督:サミュエル・フラー
製作:バディ・アドラー
脚本:ハリー・クライナー、サミュエル・フラー
撮影:ジョー・マクドナルド
録音:ジョン・D・スタック、ハリー・M・レオナルド
美術:ライル・R・ウィラー、エディソン・ハー、ウォルター・M・スコット、スチュアート・リース
特殊効果:レイ・ケロッグ
編集:ジェームズ・B・クラーク
音楽:リー・ハーライン、ライオネル・ニューマン
撮影レンズ:Bausch & Komb
現像:デラックスカラー
出演:ロバート・スタック、シャーリー・ヤマグチ(山口淑子)、ロバート・ライアン、キャメロン・ミッチェル、早川雪洲、ブラッド・デクスター、ビフ・エリオット
1955年アメリカ/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
東京暗黒街 竹の家 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


シャーリー・ヤマグチ、ロバート・スタック、ロバート・ライアン               浅草松屋の屋上


東京暗黒街 竹の家(HOUSE OF BANBOO)

上のカットは、当時の京浜急行電鉄大師線(小島新田駅~桜本駅)の軌道区間中で川崎市電に譲渡された塩浜駅~桜本駅間と思われる。大師線の現在はルート変更され、軌道区間は川崎市電廃止で存在しない。