映画「やくざと抗争 実録安藤組」


安藤昇                        藤浩子

今回は佐藤純彌監督1973年製作「やくざと抗争 実録安藤組」をピックアップする。
前作「やくざと抗争」が予期せぬヒットを記録し、岡田茂東映社長が続編の製作を命じ「やくざと抗争 実録安藤組」というタイトルを付けた。安藤昇氏の原作・主演の第二弾であるが、「安藤組」が結成されるまでの自伝映画は、本作が初めてで、いわゆる“実録安藤組”シリーズの第一作であった。以降、東映は”実録”作品を量産することになる。


安藤昇、佐藤蛾次郎、安岡力也           室田日出男、内田朝雄

【ストリー】
昭和24年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭(安藤昇)をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健(山本麟一)、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗(藤浩子)と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島(丹波哲郎)の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉(佐藤蛾次郎)がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場(諸角啓二郎)を殺し、縄張りを手中に収めた。そんな矢頭に関東桜会の榊原(内田朝雄)と大幹部・蓮見(渡辺文雄)が接近してきた。榊原は渋谷に進出するために、実子の勇吉(郷鍈治)を矢頭の兄弟分にしようと企だてたのである。それと知った矢頭は、地元の十文字一家と関東桜会を鉢合せさせようと画策する。まず、勇吉を痛めつけ、その身柄を十文字一家へ持ち込んだ。そして一方では関東桜会へ通報したのである。やがて矢頭にたぶらかされた大文字一家は関東桜会へ殴り込みをかけ、全滅してしまった。やがて、児島が現われ、矢頭に桜会との手打ちの話を持ってきた。その条件とは渋谷の縄張りを矢頭たちが仕切るというのである。ここに渋谷矢頭「安藤組」が結成されたのであった。


丹波哲郎                    安岡力也、江守徹、小林稔侍

題名:やくざと抗争 実録安藤組
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇
脚本:石松愛弘
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:石井正男
装飾:住吉久食蔵
美容:花沢久子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:日暮雅信 主題歌:安藤昇「血と命」「明日はない」
現像:東映化学
進行主任:入葉一男
助監督:深町秀煕
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、藤浩子、丹波哲郎、佐藤蛾次郎、郷鍈治、安岡力也、深江章喜、内田朝雄、江守徹、山本麟一、諸角啓二郎、渡辺文雄、松井康子、今井健二、室田日出男、小林稔侍、八名信夫、小林千枝、相馬剛三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
やくざと抗争 実録安藤組 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やくざと抗争 実録安藤組