映画「ハナ肇の一発大冒険」


ハナ肇                               入川保則、倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1967年製作「ハナ肇の一発大冒険」をピックアップする。
本作は「喜劇 一発勝負」に続く”一発シリーズ”の第二弾になる。
1968年「ハナ肇の一発大冒険」1969年「喜劇 一発大必」と松竹大船撮影所で制作された。


野村昭子、武智豊子                         桜井センリ、犬塚弘

【ストリー】
東京の下町で肉屋を営む間貫一(ハナ肇)は、陽気な好人物で、客に人気があった。ある日、レストランで好物の特大ビフテキを食べている時、貫一は美しい女性亜子(倍賞千恵子)と会い、鞄の中のダイヤを悪漢の手から守ってほしいと頼まれた。平凡な日常の中で、美女を助ける役目などは、そうざらにあることではない。貫一は喜んで引受け、ライトバンで逃避行を開始した。悪漢の目をくらますため、千葉に出て、さらにフェリーボートで横須賀に渡り、横浜に向かった。彼女の目的地は富山で、そこで相手側にダイヤを渡せばいいのだった。しかし、悪漢は執拗に二人を追っていた。やがて、二人を乗せた車は信濃路に入った。貫一は美人を乗せ、晩秋の美しい紅葉の中で車を走らせているのでごきげんだった。途中、二人は腹痛で苦しんでいる登山者真田(入川保則)を助け、近くの温泉場に連れていった。その夜、ダイヤの入った鞄が悪漢に奪われてしまった。責任を感じた真田は単身悪漢を追跡し、格闘の末、鞄を取戻して帰ってきた。この騒ぎで悪漢は警察に逮捕された。亜子はもう鞄を狙われる心配がなくなったと、安堵の胸をなでおろした。真田と亜子を乗せた貫一の車は、一路、新雪に輝くアルプスの麓を富山に向かった。三人は途中で一軒の山小屋にたどり着いた。ところがそこには警察に追われた殺人犯が潜んでいて、真田は彼の銃弾に殺されてしまった。貫一と亜子は危うくその場を逃れ、警察に事件を報告した。やがて、車は富山に着いた。亜子は別れを悲しむ貫一の頬に優しく接吻すると去って行った。貫一は再び平凡な日々の生活に帰って行った。一力月後、フランスにいる亜子から美しい絵葉書が届いた。貫一はそれを見るたびに、亜子との冒険旅行を思い出すのである。


ハナ肇、なべおさみ                           中村晃子、ハナ肇

題名:ハナ肇の一発大冒険
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:川添善治
編集:石井巌
音楽:坂田晄一
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製先進行:池田善徳
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、入川保則、石井均、なべおさみ、野村昭子、武智豊子、久里千春、飯田蝶子、犬塚弘、桜井センリ、中村晃子、倍賞美津子
1967年日本・松竹+渡辺プロダクション/シネスコサイズ・カラー35mmフィルム
ハナ肇の一発大冒険 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子                          ハナ肇の一発大冒険