映画「喜劇 駅前団地」


森繁久彌                    伴淳三郎、フランキー堺

今回は久松静児監督1961年製作「喜劇 駅前団地」をピックアップする。
東宝駅前シリーズ第2作は、小田原線の「百合ヶ丘」駅と、その隣の「西生田駅(現:読売ランド前駅)」を舞台にして駅周辺に広がる百合ヶ丘第一団地で起きる土地問題を取り上げた内容になっている。


森光子、伴淳三郎                  フランキー堺

【ストリー】
東京郊外のマンモス団地。その団地の脇に目下第二団地の建設がおこなわれている。おかげでその辺の土地をもっている百姓の権田孫作家はオール電化。その孫作(伴淳三郎)の幼な友達でやはりこの団地の開設前から開業している外科医戸倉金太郎(森繁久彌)は、妻をなくして一人息子桂一(二木まこと)と父親(左卜全)の三人暮し。このマンモス団地の駅前に小料理屋高砂亭がある。ここの常連といえばマダムの君江(淡路恵子)をお目あての孫作や近所の連中だけ。孫作の長男一郎(久保賢)は父親の意志でいやいやながら予備校に通っている。クラス会の帰りに立寄った高砂亭で一郎は女給の桃子(黛ひかる)と知りあう。戸倉金太郎は第二団地のそばにある孫作の所有地の一部を買って新しい病院を建てようと計画、その土地を見にいった。ところが同じ土地の一部を買ったというブローカーの平太(フランキー堺)と連れの美人があれこれと相談しているのにぶつかった。この連れの美人がこの土地を買って新しく病院を建てようという東京の女医小松原玉代(淡島千景)だったから一大事。いきおいこんで孫作に談じこむと孫作は、ブローカーの平太が住宅を建てるからというので土地を売ったのだと弁明する。その時救急車が戸倉医院に横づけになる。中から運びだされてきたのは、先刻逢ったばかりの女医の玉代だった。土地を見ての帰途、砂利トラックと彼女の乗用車が衝突したとのことだった。商売仇の当の相手と知った玉代もびっくりするが仕方なく入院する。そんな矢先、結婚を反対された一郎と桃子の二人は山の温泉旅館へ家出をしてしまった。心中の前科のある桃子と一緒だけにと孫作は金太郎や君江たちと山の旅館にかけつけてみれば、二人はケロリとしている。そこへ桂一が急病という電話がかかり金太郎は急いで帰宅するが、幸い玉代の適切な処置で回復に向う。そして玉代に母のようになついていく桂一に、金太郎は感心してしまう。だが、玉代と金太郎は土地のことがあるので、どうもしっくりいかない。逢うたびにいがみあっているが、どうやら二人ともお互いに相手を意識しすぎている。半年の後--丘の上には新しい第二団地のアパートがたち並んでいる。駅前の高砂亭も今では平太の改造でバーになっている。今はそこのマスターになっている平太は女房の君江の具合を心配して戸倉病院に電話をしている。どうやらおめでたらしい。電話を切る金太郎。その声に女房兼副院長の玉代が颯爽と往診に出かけていく。


淡島千景                                坂本九

題名:喜劇 駅前団地
監督:久松静児
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:遠藤精一
照明:比留川大助
美術:狩野健
録音:酒井栄三、西尾昇
音楽:広瀬健次郎
編集:広瀬千鶴
スチール:大谷晟
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、森光子、淡島千景、淡路恵子、坂本九、二木まこと、久保賢、黛ひかる
1961年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
喜劇 駅前団地 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺 (背景は小田急線百合丘駅)       伴淳三郎

喜劇 駅前団地

小田急3000形ロマンスカー(SE) ※1957年7月6日より営業運転を開始