映画「夢千代日記」


吉永小百合                       北大路欣也

今回は浦山桐郎監督1985年製作「夢千代日記」をピックアップする。
本作はテレビドラマとして高視聴率を上げた「夢千代日記」」シリーズの完結篇として原作者の早坂暁氏の要望で映画化され浦山桐郎監督の遺作(1985年10月死去、享年55歳)である。浦山桐郎監督と吉永小百合さんの「キューポラのある街」から23年後の作品で、日本を代表する女優の変わらぬ美貌とスピリチュアルな透明感が映し出されて感慨深い。


田中好子                                            左時枝、名取裕子

【ストリー】
山陰の雪深い温泉町、湯村。“はる家”の夢千代こと永井左千子(吉永小百合)は広島で被爆していた。“はる家”は夢千代が母から受け継いだ芸者の置家で、夢千代の面倒を子供の頃から見てくれている渡辺タマエ(風見章子)、気のいい菊奴(樹木希林)、スキー指導員・名村(渡辺裕之)に恋し自殺未遂を起こす紅(田中好子)、好きな木浦(前田吟)のため、彼の妻の替わりに子を宿す兎(名取裕子)、癌で三ヵ月の命だという老画伯・東窓(浜村純)に、束の間の命の灯をともす小夢(斉藤絵里)たちがいる。神戸の大学病院で「あと半年の命」と知らされた夢千代は、帰りの汽車の窓から祈るように両手を合わせて谷底へ落ちて行く女性を見た。同乗していた女剣劇の旅役者の一人、宗方勝(北大路欣也)もそれを見ていたが、彼の姿は消えてしまう。捜査の結果、その女性の駆け落ちの相手、石田が逮捕された。彼の子を身篭った女が邪魔になったのだろうという事だったが、夢千代には自殺としか思えなかった。翌日、旅芝居好きの菊奴の案内で春川一座を尋ねた夢千代は、宗方に本当のことを教えてほしいと嘆願するが、宗方は「見ていません」と冷く答えるのだった。夢千代はタマエから、死んで行くしかない特攻隊員との愛のかたみに母が女手一つで自分を産み落としたことを聞かされ、一度だけ出来た子供を堕したことを悔いた。ある夜、夢千代は春川一座へ出かけ、熱を出して倒れてしまう。そして、宗方に背おわれて“はる家”に戻ってきた。春川一座のチビ玉三郎(白龍光洋)は、母である座長や菊奴の前で宗方の夢千代に対する気持を言いあてる。その時、宗方は菊奴から夢千代の命が長くないことを知らされた。証人として宗方の身元を調べていた藤森刑事(加藤武)は、彼の名がでたらめであることを知る。さらに、15年前、父親を殺して指名手配中であることをつきとめ、夢千代に警告するのだった。宗方は一座から姿を消した。彼を隠岐行のフェリーで見かけたという紅の言葉を頼りに、夢千代は隠岐島へ向った。そして、宗方に愛を告白し、二人は結ばれた。宗方は衰弱した夢千代を“はる家”へ連れ帰る。皆の見守るなか、夢千代は息を引きとり、宗方は藤森によって逮捕されたのだった。


浜村純                                       斉藤絵里

題名:夢千代日記
監督:浦山桐郎
企画:早坂暁
製作:岡田裕介、佐藤雅夫、坂上順、斎藤一重
脚本:早坂暁
撮影:安藤庄平
照明:渡辺喜和
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道、佐野義和
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
振付:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:玉木濬夫
音楽:松村禎三 和楽:浪花三之介
現像:東映化学
製作主任:長岡功
助監督:鈴木秀雄
スチール:中山健司
出演:吉永小百合、名取裕子、田中好子、樹木希林、北大路欣也、風見章子、小川真由美、河原崎長一郎、斉藤絵里、渡辺裕之、三條美紀、小田かおる、左時枝、横内正、加藤武、前田吟、岸部一徳、白龍光洋
1985年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー128分35mmフィルム
夢千代日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


夢千代日記                                                            吉永小百合