映画「女番長 タイマン勝負」


池玲子                         藤山律子

今回は関本郁夫監督1973年製作「女番長 タイマン勝負」をピックアップする。
本作は、”女番長シリーズ”第6作目として1974年1月に全国公開されたが、元々本作は、シリーズ第7作目として、このシリーズ次回作である「女番長 玉突き遊び」より後に公開される予定であった。主演の叶優子さんが撮影中に重傷を負った事で製作が中断し、同作の公開が延期された。しかし同作は製作中止とはならず、叶優子さんの復帰後に撮影が再開され、本作と公開の順番が入れ替わったそうだ。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


渡瀬恒彦                        藤山律子、成瀬正孝

【ストリー】
姉を死に追いやった大島興業のボス・大島文男を復讐のために傷を追わせ、少年院送りになった相沢桂子は、いつしか稲妻桂子の異名を持つ女番長に成長していた。シャバへ出た桂子は、配下の幸恵、節子とともに、入院当時痛めつけられたヒマワリ会の女番長・立花美和に借を返すべく、その行方を捜した。ある日、節子は彼女がホステスをしているクラブの用心棒たちに、百万円の借金があると連れていかれてしまった。その店の経営者が、あの大島である事を知った桂子は節子に代って借金を返却することにした。そんなある日、ヒマワリ会の根城をつきとめた桂子は美和を捜すが、番長はカミソリの絵里になっていた。桂子は絵里を決闘で破り、番長となった。やがて、百万円を集めた桂子は、節子を連れ戻しに行くが、大島たちにリンチされそうになる。だが、関東侠友会の幹部・黒木に救われた。黒木は組の命で、工場建設地の買収を大島に命じに来たのだ。その黒木が、正体不明に酔いつぶれた絵里を見て驚いた。彼女は十年来探していた妹だったのだ。しかし、黒木はこのことを桂子に口止めした。一方、桂子はあるスクラップ工場で今は堅気となって工場の持ち主の健一と生活している美和と会った。桂子の復讐心はいつしか消え失せた。その健一の工場は買収予定地に入っているが、健一は買収には断呼として応じなかった。丁度、桂子たちが工場に居候していたので、絵里は一石二鳥とばかり、大島に頼み、工場を襲わせた。桂子は既にいなかったが、大島らは健一に無理矢理、契約書にサインを押させ、美和を輪姦した。そして健一は惨殺された。卑劣な大島に怒った黒木は、この仕事からおろすことにした。大島は絵里に拳銃を渡し、黒木、桂子を殺すように命じた。黒木めがけて発砲しようとした絵里に、桂子は彼が兄である事を知らせた。呆然とする絵里。その時、大島たちが武装して彼女らを襲ってきた。そして、桂子たちをかばおうとした黒木は、蜂の巣のように撃たれた……。黒木、健一を手厚く葬った桂子、絵里、美和たちは、それぞれの復讐を胸に秘め、健一の残した車に乗り込むや、大島を血祭りにあげるべく、突進していった。


岡八郎                              女番長 タイマン勝負

題名:女番長 タイマン勝負
監督:関本郁夫
企画:杉本直幸、奈村協
脚本:鴨井達比古、志村正浩
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:雨森義允
装置:温井弘司
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣装:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:大岸誠
助監督:萩原将司
演技事務:森村英次
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、衣麻遼子、藤山律子、田島晴美、渡瀬恒彦、成瀬正孝、安部徹、由利徹、岡八郎、一の瀬レナ、須藤リカ、城恵美、早乙女りえ、葵三津子
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
女番長 タイマン勝負 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安部徹                          池玲子

女番長 タイマン勝負