映画「男の紋章」


高橋英樹、轟夕起子                  和泉雅子

今回は松尾昭典監督1963年製作「男の紋章」をピックアップする。
本作は1963年~1966年まで作られた全10編シリーズの第一作であり、任侠大河ドラマの序章編だ。東映任侠映画「日本侠客伝シリーズ」「昭和残侠伝シリーズ」「緋牡丹博徒シリーズ」とは違う日活任侠映画の描き方に社風の違いを見るが、当時はシノギを削って競争していた事が分かる。


大坂志郎、石山健二郎              轟夕起子、名古屋章

【ストリー】
昭和5年、この港町一帯に羽振をきかす大島組の主、庄三郎(石山健二郎)の豪胆な顔に近頃淋しげな影がよぎるのは、一人息子の竜次(高橋英樹)に望みどおり医者への道を歩ませたものの、永年守りとおした組の将来を案じてであった。渡世人を嫌いながら、父親の苦悩を知る竜次は、自ら志望して山奥のダム工事現場の診療所へ赴任した。そこで作業員たちに苛酷な労動を強いる西野組に憤った竜次は、彼等の本拠に乗り込んだ。西野はドスをつきつけたが、一人の男が竜次の父親を明かすと色を失った。自分の力への疑問に竜次が思い悩んでいるとき、庄三郎が反目する斎賀(名古屋章)の手によって殺されたことを知った。庄三郎の懐刀といわれた勘三(大坂志郎)が、斎賀の背後にいる村田きよ(轟夕起子)という女親分は竜次の実母だと全ての事情を打ち明けた。庄三郎はきよの父親と出入りになった時、渡世人の義理からきよを実家に帰し、以来竜次一人を頼りに生きてきたのだ。その夜竜次は自分の肌に父親と同じ刺青を彫らせ、組を引き継ぐ決心をした。折から満州事変が勃発、竜次は大島組を率いて軍の工事を請負ったが、斎賀は卑劣な手段を弄して妨害した。はやり立つ勘三らをおさえていた竜次も、勘三が死体となって運び込まれたとき意を決した。ひとり斎賀の許へ乗り込んだ竜次が忽ち配下に囲まれた時、きよが現れ白刃を遮った。豪雨が双肌脱いだ竜次の刺青を洗う中母と子はじっと見つめあった。


和泉雅子、大坂志郎                  井上昭文

題名:男の紋章
監督:松尾昭典
企画:笹井英男
脚本:甲斐久尊
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
美術:横尾嘉良
録音:米津次男
記録:宍倉徳子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:園山蕃里
助監督:千野皓司
色彩計測:小栗準之助
スチール:浅石靖
出演:高橋英樹、和泉雅子、石山健二郎、大坂志郎、名古屋章、轟夕起子、井上昭文、富田仲次郎、近藤宏、小池朝雄、武藤章生、河上信夫、藤岡重慶
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
2017年8月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「男の紋章」