映画「野良猫ロック マシン・アニマル」


梶芽衣子                               藤竜也

今回は長谷部安春監督1970年製作「野良猫ロック マシン・アニマル」をピックアップする。
本作は、野良猫ロックシリーズ4作目である。脚本に難がある作品だと思ったが、劇中登場して歌ったのは、青山ミチさん、梶芽衣子さんの実妹・太田とも子さん、沢村和子とピーターパン、ズーニーブー(尾崎紀世彦「また逢う日まで」の元歌)は貴重である。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


范文雀                                  郷鍈治

【ストリー】
横浜の元町の一角に、マヤ(梶芽衣子)が率いる不良少女グループと佐倉(郷鍈治)が率いる「ドラゴン」と異名を取る不良グループが群れていた。ある日、一台のオンボロワゴンがこの町にやってくる。ノボ(藤竜也)、サブ(岡崎二朗)、チャーリー(山野俊也)の三人で、米軍の脱走兵であるチャーリーをスウェーデンに逃がすため、船の出る横浜に、岩国の基地からやって来たのだ。この奇妙な三人組に目を付けたマヤは、五百錠という大量のLSDを持っていることを探り出し、これを奪った。しかし、LSDを売った金をチャーリーの逃亡資金にすると聞かされ、マヤはLSDを返すことを約束、その上、薬を捌く手伝いを申し出た。翌日、さっそくマヤは薬捌きの早い佐倉へ話を持ちかけた。一方、隠れていたチャーリーはマヤの仲間エマ(黒沢のり子)からボーリングに誘われ、エマとゴーゴーバーのバーテン清水の罠に落ち、薬を奪われてしまった。その頃、マヤから薬の捌きを頼まれていた佐倉は、バーテンの清水が大量の薬を売り歩いている情報をキャッチし、清水を捕えて薬を横取りした。この事件を聞きつけたマヤたちが清水を見つけた時はすでに薬は佐倉の手に渡っていた。マヤはドラゴンと衝突しても薬を取り返そうと決心し、以前、仲間だったミキから佐倉の総元締がユリという女であることを聞き出した。ユリのマンションに乗り込んだが、薬はすでに佐倉が捌き始めていた。最後の手段としてマヤはユリを囮に使い、佐倉から薬の代金500万円を受け取ることに成功した。この金でスウェーデン行きが可能になったチャーリーは、マヤたちと共に隠れ家でパーティーの準備をしていた。しかし、佐倉の密告でMPがやって来てチャーリーは逮捕されてしまった。その上、マヤのもとに佐倉から一通の挑戦状が届けられた。翌日、マヤは自分たちの手で決着をつけようとノボ、サブには知らせずに約束の場所へと向かう。後を追ったサブ、ノボも加わって乱戦になるが、佐倉はサブを射殺、その場を逃げ去った。


黒沢のり子                                  岡崎二朗

題名:野良猫ロック マシン・アニマル
監督:長谷部安春
企画:葛生雅美
脚本:中西隆三
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:片桐登司美
美術:佐谷晃能
擬斗:田畑善彦
編集:丹治睦夫
音楽:たかしまあきひこ 挿入歌:梶芽衣子「明日を賭けよう」
現像:東洋現像所
製作担当者:柴垣達郎
助監督:田中登
色彩計測:小清水忍
スチール:目黒祐司
出演:梶芽衣子、藤竜也、范文雀、郷鍈治、岡崎二朗、山野俊也、亀山靖博、高野沙里、黒沢のり子、小島克巳、氷室政司、青山ミチ、太田とも子、松田英子、沢村和子とピーターパン、ズーニーブー
1970年日本・日活/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
野良猫ロック マシン・アニマル -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梶芽衣子                   野良猫ロック マシン・アニマル

野良猫ロック マシン・アニマル