映画「お嫁においで」


加山雄三                        沢井桂子

内藤洋子                        黒沢年男

今回は本多猪四郎監督1966年製作「お嫁においで」をピックアップする。
円谷英二特技監督とのコンビで特撮映画を撮り続けた本多猪四郎監督は、「ゴジラ」の生みの親として有名だが、本作は加山雄三さんの同名ヒット曲を元にした歌謡映画にも係わらず、若大将シリーズとは違いプロットがしっかりした作品であると思う。沢井桂子さんが魅力的に映っている。


原恵子、黒沢年男                    田村亮

笠智衆                        千石規子

有島一郎                     沢井桂子、松本めぐみ

【ストリー】
設計技師須山保(加山雄三)は父(笠間雪雄)の経営する造船会社で働いているカッコいい青年。目下、保には縁談があるが、彼はその気になれない。というのは、エンストした保のスポーツカーを押してくれた露木昌子(沢井桂子)が忘れられないからだ。昌子は何処に勤めているとも言わずに立ち去ったのだが、保は彼女がホテルのウェイトレスをしているのを偶然見かけ、それ以来、両親の勧める縁談には耳もかさない有様。ただ、兄思いの妹葉子(内藤洋子)はそんな保のためにプロポーズ作戦を練る。ところで昌子はタクシーの運転手野呂高生(黒沢年男)と親しい。だから、葉子の作戦通り保がホテルの裏口で昌子を待っていると、野呂が彼女を連れ去っていくという具合で、保の歩が悪い。そこで葉子は、タクシー会社へ野呂を指名して遠出させ、その間に保が昌子と会うという計画を立てたのがまんまと成功。保は昌子に愛を打ち明け、恋人に立候補した。昌子は迷った、野呂も好きだし、保の熱烈なプロポーズにも心を動かされる。一方野呂は魚屋の娘つね子(原恵子)から愛を打ち明けられたが、昌子を愛していると断る。そんなある日、保の両親は昌子の存在を知り、ホテルの支配人(有島一郎)を通じて昌子をクビにしたが、それを知った保は驚いて昌子の許に飛んでいった。昌子はその保にはっきりと言った。「あなたのプロポーズは突然飛び込んで来た幸福みたいで落ち着かない。身分相応の野呂さんが自分にはふさわしいと思う」そう言われた保はきっぱりと昌子との結婚を諦め二人を祝福した。ある天気のよい一日、ヨットを走らせる保と葉子の姿が湘南の海に見られた。


内田裕也                      お嫁においで

田村亮、沢井桂子                 内藤洋子、加山雄三

題名:お嫁においで
監督:本多猪四郎
製作:藤本眞澄
脚本:松山善三
撮影:宇野晋作
照明:大野晨一
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:田中喜一
小道具:野島秋雄
衣裳:池田誠
記録:米山久江
編集:武田うめ
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「お嫁においで」俺は海の子「夜空を仰いで」
製作担当:山田順彦
製作進行:森知貴秀
助監督:渡辺邦彦
監督助手:藤井誠之助、松本正志
美術助手:荒巻宏俊、櫻木晶、沼田和幸
スチール:秦大三
出演:加山雄三、沢井桂子、内藤洋子、黒沢年男、原恵子、田村亮、千石規子、内田裕也、笠智衆、有島一郎、松本めぐみ、高田稔、飯田蝶子、笠間雪雄、村田知栄子、菱見地谷子(ひし美ゆり子)
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
お嫁においで -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お嫁においで」沢井桂子

「お嫁においで」沢井桂子