映画「見知らぬ乗客」


ファーリー・グレンジャー              ロバート・ウォーカー

今回はアルフレッド・ヒッチコック監督1951年製作「見知らぬ乗客(STRANGERS ON A TRAIN)」をピックアップする。
本作は「太陽がいっばい」を書いたパトリシア・ハイスミス氏の原作者を巨匠ヒッチコック監督が映画化したものだ。内容は交換殺人を持ちかけられた男の恐怖と動揺をサスペンスタッチで描いているが、ラストシーンが米国版と英国版では違う。またヒッチコック監督の実娘(長女)パトリシア・ヒッチコックがバーバラ・モートン役で出演している。


ルース・ローマン            見知らぬ乗客(STRANGERS ON A TRAIN)

【ストリー】
アマチュア・テニス選手として名の通っているガイ・ヘインズ(ファーリー・グレンジャー)は、ワシントンから故郷メトカルフへ離婚のため帰る途中、列車の中で不思議な青年ブルノ・アントニー(ロバート・ウォーカー)と知り合った。彼は、ガイが最近妻ミリアムと不和になり、モートン上院議員の娘アン(ルース・ローマン)と結婚したがっていることを知っていて、自分の父を殺してくれるならミリアムを殺してやろうと申し出たのである。むろんガイはこの交換殺人を一笑に付したが、アントニーは遊園地の草原で本当にミリアムを殺してしまった。ガイはアリバイが不充分なまま刑事の尾行を受けることになったが、そのスキを狙ってブルノははしつこく返礼殺人をガイに迫るのだった。ガイも、この事実を知ったアンも、心からブルノに翻意を促したが、彼はいよいよ狂的になって行き、ついにフォレスト・ヒルの試合当日、ブルノは車中でガイからかすめたライターを現場に置いてくる計画をたてていることが判った。ガイは必死に試合をすすめ、敵に辛勝して尾行刑事をまき、ブルノを遊園地に追った。2人はメリーゴーランド上で対決、あわてた刑事の一弾が係の男を倒したので、突然急転をはじめたメリーゴーランドの上の格闘は凄絶をきわめるものとなった。つにい回転木馬は心棒から折れてみじんに崩け、ガイは外へ放り出されたが、ブルノは敢えなく下敷きとなって息絶えた。その手の中に握られていたライターによって、ガイの容疑が晴れたのはいうまでもない。


ファーリー・グレンジャー       見知らぬ乗客(STRANGERS ON A TRAIN)

題名:STRANGERS ON A TRAIN
邦題:見知らぬ乗客
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:ウィットフィールド・クック 脚色:レイモンド・チャンドラー、ツェンツィ・オルモンド
撮影:ロバート・バークス
美術:テッド・ハワース
装飾:ジョージ・ジェームズ・ホプキンス
編集:ウィリアム・ジーグラー
音楽:ディミトリ・ティオムキン 音楽監督:レイ・ハインドーフ
出演:ファーリー・グレンジャー、ロバート・ウォーカー、ルース・ローマン、パトリシア・ヒッチコック、ローラ・エリオット、マリオン・ローン、レオ・G・キャロル
1951年アメリカ/スタンダードサイズ・モノクロ101分35mmフィルム
見知らぬ乗客 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ルース・ローマン                 ロバート・ウォーカー