映画「かくも長き不在」

かくも長き不在かくも長き不在
アリダ・ヴァリ                 ジョルジュ・ウィルソン

今回はアンリ・コルピ監督1960年製作「かくも長き不在(UNE AUSSI LONGUE ABSENCE)」bestをピックアップする。
本作はアラン・レネ監督「二十四時間の情事(1959年)」「去年マリエンバートで(1961年)」の編集技師であるアンリ・コルピ氏が監督した第14回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ルイ・デリュック賞を受賞した作品である。デジタル修復版はフランス国立映画センターの協力により、オリジナル・ネガから4K解像度でスキャンされ、2K解像度で修復が行われた。

かくも長き不在かくも長き不在
ディアナ・レプブリエ              アリダ・ヴァリ、ジャック・アルダン

【ストリー】
テレーズ(アリダ・ヴァリ)は、セーヌの河岸に近い、“古い教会のカフェ”の女主人。貧しい人々の憩の場である。しっかりものと評判高かったが、女盛りを独り身で過したのだ。運転手のピエール(ジャック・アルダン)の親切にほだされるのも無理からぬことだった。彼女が、朝と夕方、店の前を通る浮浪者(ジョルジュ・ウィルソン)の姿に目をとめたのは、そんなある日だった。16年前、ゲシュタポに捕えられたまま、消息を絶った夫アルベールに似ているのだ。彼女は不安の混った期待でその男の通るのを待つようになった。ある暮れ方、手伝の娘に男を導き入れさせ、物陰で男の言葉に耳を傾けた。男は記憶を喪失したのだという。彼女は男の後をどこまでも尾けて行った。セーヌの河岸のささやかな小屋。その夜、そこから離れなかった。翌朝、男と初めて言葉を交した。彼女はもしや……という気持が、もう動かせない確信に変っていった。何日か後、アルベールの叔母と甥を故郷から呼び、記憶を呼び戻すような環境を作ってその結果に期待したが、彼の表情に変化は認められなかった。叔母は否定的だったが、彼女は信じて疑わなくなった。ある夜、男を招いて二人だけの晩さんをした。ダンスをした。それは幸福な記憶に誘う。彼女の眼にはいつしか涙が光っていた。夫の記憶を取り戻す術はないのか。背を向けて立ち去ろうとする男に、思わず叫んだ。「アルベール!」聞えぬげに歩み去る男に、それまでの一部始終を伺っていた近所の人たちも、口々に呼びかけた。瞬間、男は立ち止った。記憶が甦ったのか?一瞬、彼は脱兎の如く逃げ出した。その行く手にトラックが立ちふさがった。あっという間の出来事であった。目撃者のひとり、ピエールのなぐさめの言葉に、テレーズは一人言のように呟いた。「寒くなったら戻ってくるかもしれない。冬を待つんだわ」

かくも長き不在かくも長き不在
ジョルジュ・ウィルソン                アリダ・ヴァリ

題名:UNE AUSSI LONGUE ABSENCE
邦題:かくも長き不在
監督:アンリ・コルピ
製作:クロード・イエーガー
脚本:マルグリット・デュラス 台詞:ジェラール・ジャルロ
撮影:マルセル・ウェイス
編集:ジャクリーヌ・メピエル、ジャスミン・チェスニー
音楽:ジョルジュ・ドルリュー 主題歌:コラ・ヴォケール「三つの小さな音符」
現像:L.T.C
出演:アリダ・ヴァリ、ジョルジュ・ウィルソン、ジャック・アルダン、ディアナ・レプブリエ、カトリーヌ・フォントネー
1961年第14回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ルイ・デリュック賞受賞。
1960年フランス・イタリア/ディアリスコープ(シネスコサイズ)・モノクロ98分35mmフィルム
かくも長き不在(デジタル修復版) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

かくも長き不在かくも長き不在
アリダ・ヴァリ            かくも長き不在(UNE AUSSI LONGUE ABSENCE)