映画「海潮音」

海潮音海潮音
池部良                         荻野目慶子
海潮音海潮音
山口果林                        泉谷しげる

今回は橋浦方人監督1980年製作「海潮音」をピックアップする。
本作は北陸の海沿いの町のとある旧家を舞台に、行き倒れて記憶を失った女をめぐる大人たちの葛藤を、思春期の少女の視線で描いたATG作品だ。撮影は「砂の女(監督:勅使河原宏/1963年)」「軍旗はためく下に(監督:深作欣二/1971年)」の瀬川浩氏が担当され、照明は「羅生門(監督:黒澤明 撮影:宮川一夫/1951年)」「雨月物語(監督:溝口健二 撮影:宮川一夫/1953年)」「雁の寺(監督:川島雄三 撮影:村井博/1962年)」などを担当された岡本健一氏、美術は「陽炎座(監督:鈴木清順/1981年)」「帝都物語(監督:実相寺昭雄/1988年)」などを担当され、私がコダイでお世話になった池谷仙克氏である。スタッフ、キャストは実力派の布陣である。

海潮音海潮音
浦辺粂子、荻野目慶子                 烏丸せつこ

【ストリー】
北陸の海沿いのある町。実業家で町の実力者でもある旧家、宇島家の主人、理一郎(池部良)は、ある朝、海辺でずぶ濡れになって倒れている記憶を失った女(山口果林)を助けた。このひとりの不思議な女を迎え、宇島家の人々の心は様々に揺れる。一人娘の伊代(荻野目慶子)も少女らしいとまどいと興味を抱いた。女手ひとつでこの家を守ってきた祖母の図世(浦辺粂子)は、息子の嫁を早く失ったこともあり、女を家に置こうとする理一郎に異議を唱えず彼女を看病する。理一郎は次第に女に魅せられていき、伊代は幼い頃の母の記憶に胸を痛めながら、大人たちの成り行きを見守る。ある日、理一郎の亡妻の弟、伊代の叔父にあたる征夫(泉谷しげる)が都会の生活を捨てて、この町に帰ってきた。征夫は理一郎に仕事の世話をしてもらっていたが女を家にとじこめる理一郎に批判的で、やがて二人は対立する。征夫は姉と理一郎の結婚に深い傷痕を残していたのだ。だが、征夫は家を守る男の自信と尊厳のある理一郎にかなうはずもなく、思いを寄せるさちこ(烏丸せつこ)と別れ、ひとり町を去っていく。しばらくして、女に記憶が蘇った。心中したが、男(吉澤健)だけ死に、自分は生き残ってしまった。理一郎の望み通り、この家に留るには辛すぎる記憶。だが、理一郎の女に対する感情は極まっていた。謎の女の出現で、大人たちの未知なる世界に直面した伊代は、幼い体に宿る激しい感受性ゆえに、父や女に殺意も覚えるのだった。

海潮音海潮音
近藤宏、上月左知子                 ひし美ゆり子

題名:海潮音
監督:橋浦方人
企画:多賀祥介
製作:佐々木史朗
脚本:橋浦方人
撮影:瀬川浩
照明:岡本健一
録音:本田孜
音効:福島幸雄 МA:東京テレビセンター
美術:池谷仙克
美粧:小堺なな、古川典子
記録:宮瀬淳子
編集:荒井真琴 ネガ編集:菅野洋子
音楽:深町純
撮影機材:ナック
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所 合成:デン・フィルムエフェクト
プロデューサー:佐々木啓
製作担当:熊田雅彦
製作進行:須藤穣、増田信示
助監督:矢野広成
監督助手:榎戸耕史、平山陽之
応援撮影:山田達郎
撮影助手:石倉隆二、永田鉄男、近藤稔
応援助手:下平元己、吉田真二、塩谷真
照明助手:前田基男、淡路俊之、西池彰、石井和男、吉村泰三、吉田幸充
録音助手:高樹勝義
美術助手:細石照美、矢野穀
方言指導:若杜奏身、冨地扶喜子
車両:鈴木文人
脚本協力:福間健二
ロケ協力:門前町(石川県)、穴水町、門前町黒島町旧角海家住宅
スチール:野上哲夫、竹内健二
出演:池部良、荻野目慶子、山口果林、泉谷しげる、上月左知子、烏丸せつこ、浦辺粂子、近藤宏、ひし美ゆり子、吉澤健、野上祐二、弓恵子、早川雄三、木村元、亜湖
1980年日本・シネマハウト+ATG/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
海潮音 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

海潮音海潮音
池部良、山口果林                    吉澤健
海潮音海潮音
泉谷しげる、荻野目慶子                荻野目慶子