映画「喜劇 女は度胸」


「喜劇 女は度胸」倍賞美津子、河原崎建三

倍賞美津子                       河原崎建三

今回は森崎東監督1969年製作「喜劇 女は度胸」をピックアップする。
本作は森崎東監督のデビュー作であり、倍賞美津子さんの第一回主演作品になる。次の監督作品は、翌年に渥美清さん主演の人気シリーズ第2作「男はつらいよ・フーテンの寅」になる。世界観がまるで違う両作品だが、家族に対するシリアスなモチーフは、喜劇を前置きする必要はないと思った。


渥美清、花沢徳衛                          清川虹子

【ストリー】
桃山学(河原崎建三)は自動車修理工で、夜間大学の受験勉強に励んでいる。というのも、父泰三(花沢徳衛)は怠け者だし、母ツネ(清川虹子)は働く以外は生きる術を知らないし、ダンプカーの運転手をやっている兄勉吉(渥美清)は衝動的な若さを爆発させる動物のように思えたからだった。学はこんな人間の集った桃山家を「家庭」だとは思わなかった。彼は白い柵に囲まれた小さな芝生の庭のある「家庭」を夢みている。そんな学が恋をした。彼女の名前は白川愛子(倍賞美津子)、学は愛子にゲーテの詩集を贈り、二人で別の世界を築いてゆこうと心に決めた。そんなある日、勉吉が見覚えのある詩集を持って帰って来た。勉吉は酒くさい息で「あんないい子がコールガールやってんのかな……」と囁いた。学の疑惑に苦しめられる毎日が始まった。学は連れ込み旅館で問題の女に逢った。その子は愛子ではなかったが、友達からあの本を借りたという。学はホッとしたものの、恋人の仲間にこんな女がいるかと思うと気が狂わんばかりだった。学の苦しみを見て泰三は愛子の友人笑子(沖山秀子)に会った。この一件より勉吉は泰三と大喧嘩し、学も笑子とつき合っている愛子と絶交してしまった。それからというもの、泰三も勉吉も学でさえも寝るため以外には家に戻らなくなった。そんなある日、愛子と笑子が訪ねて来た。愛子は学と、笑子は勉吉とよりを戻しにやって来たのだ。二人を迎え入れたツネは、いつになく優しく「うちの倅と結婚してくれないかね……」と頼むのだった。


沖山秀子                    花沢徳衛、渥美清、久里千春、清川虹子

題名:喜劇 女は度胸
監督:森崎東
製作:上村力
原案:山田洋次
脚本:大西信行、森崎東
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:田中俊夫
調音:松本隆司
美術:熊井正雄
装置:関根安重
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純 主題歌:倍賞美津子「恋の芽ばえ」
現像:東洋現像所
製作主任:馬道昭三
監督助手:大嶺俊順
進行:池田義徳
スチール:長谷川宗平
出演:倍賞美津子、河原崎建三、清川虹子、渥美清、沖山秀子、花沢徳衛、有島一郎(東宝・特出)、佐藤蛾次郎、春川ますみ、久里千春、中川香奈、大橋壮多
1969年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
喜劇・女は度胸 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「喜劇 女は度胸」河原崎建三、倍賞美津子

清川虹子、花沢徳衛                     倍賞美津子、河原崎建三


京浜急行電鉄デハ230形 (空港線)