映画「紅蓮華」

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                      役所広司

今回は渡辺護監督1993年製作「紅蓮華」をピックアップする。
本作はピンク映画界の大御所である渡辺護監督が「冷血(1984年)」)以来の2作目の一般映画である。
田中うめの氏「梅一輪」の原作を映画化したもので、昭和から平成へと一人の女が時代に翻弄されながら理想の愛を追い求めて逞しく生きていった姿を、濡れ場シーンは1カットもなく描いたものだ。同じくピンク映画界の大御所である向井寛監督が1983年に製作した「四畳半色の濡衣」もそうであったが、撮影所のスタジオ・セットを使って構図・美術・照明を無駄なく使っている。

紅蓮華紅蓮華
武田久美子                     河内桃子

【ストリー】
昭和32年冬、中田さくら(秋吉久美子)はいとこの中田健造(役所広司)に求婚した。戦時中、軍人との不幸な結婚をしたが夫は戦死、戦後の動乱をどうにか生き抜き、成長した息子も高校受験の年頃になった今、改めて理想の結婚を求めていた。だが、いとこだったら子供を作らずに愛情ある生活ができると考えたさくらに対し、健造は愛人・洋子(武田久美子)との関係を捨て切れずにいた。新婚早々さくらは結核で倒れるが、それをきっかけに洋子が二人の新婚家庭に闖入してくる。耐え切れなくなったさくらは、健造の弟で言語障害をもつ勇造(倉崎青児)と洋子との結婚を持ちかけるが、健造は彼らの結婚後も洋子との関係を続けた。だがやがて勇造と洋子の間に子供が生まれ、ようやく愛人関係は終わるが、相変わらず健造はさくらに指一本触れようとしないまま17年の月日が過ぎていく。そんな時、健造の心のよりどころだった母・よしの(河内桃子)が死ぬ。自暴自棄になった健造はさくらへの愛に目覚めながらも、自らの死を選んだ。そして昭和が終わり、さくらの母も亡くなった今、さくらは改めて夫・健造のことや自分の生きてきた人生を振り返るのだった。

紅蓮華紅蓮華
役所広司、秋吉久美子                秋吉久美子

題名:紅蓮華
監督:渡辺護
製作:正木誠一
企画:さく良企画
原作:田中うめの「梅一輪」
脚本:沖島勲、佐伯俊道
撮影:鈴木史郎
照明:加藤松作
特機:NK特機
録音:細井正治
音効:渡部健一 リーレコ:中村洋
美術:菊川芳江
装飾:佐々木敬
組付:服部昌織
衣裳:川村優子
スタイリスト:鈴木智子
化粧:内山いほ子、藤原美保、小田久枝
記録:宮本依子
編集:田中修
音楽:渡辺俊幸 主題歌:松原のぶえ「紅蓮華」「愛冠岬のいのり」
撮影機材:日本映樹
現像:東映化学
プロデューサー:半沢浩、尾形充洸
製作担当:市村智保
製作進行:西島豊、益田隆時、森田良彦、中村和夫
演技事務:宮前寿美子
助監督:桜田繁
監督助手:成瀬活雄、桧山剛、広松靖智
色彩計測:阿部喜久雄
撮影助手:渡辺純一、御木茂則、田宮健彦
照明助手:鈴木達也、林信一、、原春男、井上愉斗志、鈴木正義、片桐正史
録音助手:楠本龍巳、横野一氏工、下野溜之
美術助手:吉見邦弘、大浦千鶴子
装飾助手:有村治、高島寿生、阿部智恵、小西和行
編集助手:田中昌江
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
製作協力:フィルム・シティ
スチール:竹内健二、田部井満
出演:秋吉久美子、役所広司、武田久美子、倉崎青児、河内桃子、小倉一郎、小松方正、石井富子、岡田秀樹、逗子とんぼ、稲野和子、吹田明日香
1993年日本・三協映画/ビスタサイズ・カラー119分35mmフィルム
紅蓮華 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

紅蓮華紅蓮華
秋吉久美子                         紅蓮華