映画「サムライ」


アラン・ドロン                                                      ナタリー・ドロン

今回はジャン=ピエール・メルヴィル監督1967年製作「サムライ(LE SAMOURAI)」をピックアップする。
フレンチ・フィルム・ノワールの本作は、ナタリー・ドロンの映画デビュー作でもある。
撮影は、1967年6月から8月まで、パリで街頭ロケーション、ジェンネル撮影所、サン=モーリス撮影所で行われた。
※撮影当時アラン・ドロン31歳、妻はナタリー・ドロンだった。


フランソワ・ペリエ                                               カティ・ロジエ

【ストリー】
ソフト帽にトレンチ・コートのいでたちでジェフ(アラン・ドロン)は、仕事に出かけた。駐車してある一台のシトロエンにのりこみ、合鍵でスタートさせ、郊外のガレージに乗り込んだ。ガレージの親爺は、車のナンバー・プレートを取りかえ、拳銃を、大金とひきかえにジェフに渡した。その後、コールガールをしている恋人ジャーヌ(ナタリー・ドロン)を訪ね、アリバイを頼むと、仕事場のクラブへ向った。ジェフの仕事は、クラブの経営者を殺すことだった。仕事は、いつものように、寸分の狂いもなく完了した。だが、廊下へ出た時、黒人歌手のバレリー(カティ・ロジエ)にはっきりと顔をみられてしまった。警察は動き出し、クラブの客や目撃者の証言で、ジェフも署に連行され、面通しが行なわれた。目撃者の大半は、ジェフが犯人だと断定したが、バレリーだけはなぜかそれを否定し、それに、ジェフのアリバイは完全だった。だが、主任警部(フランソワ・ペリエ)は、依然ジェフが、怪しいとにらんで、尾行をつけた。そのことを知ったジェフは巧みに尾行をまくと、仕事の残金を受けとるために、殺しの依頼を取りついだ金髪の男と会ったが、男はいきなり巻銃を抜いて、ジェフは左手を傷つけられた。残金をもらえぬどころか殺されそうにさえなったジェフは、殺しの依頼主をつきとめるべく、偽証をして彼をかばってくれたバレリーを訪れた。だがバレリーの口は堅く、「二時間後に電話を」とだけ言った。約束どおりジェフは電話したが、誰も出てこなかった。やむなく帰ったジェフの部屋に、金髪の男(ジャック・ルロワ)がいた。男はうって変った態度で、殺しの残金を渡すと、さらに新しい仕事を依頼した。ジェフは、男のスキをみると、いきなりとびかかり、巻銃をつきつけて、依頼主の名を聞き出した。大がかりな尾行網をぬけジェフは、男から聞き出したオリエビなる依頼主を訪ね、有無をいわさず射殺した。オリビエの部屋はバレリーのすぐ隣であり、オリビエはバレリーを通じて自分の正体がばれるのをおそれて新しい仕事として、バレリー殺しをジェフに依頼したのだった。クラブでピアノを弾くバレリーの前にジェフがあらわれた。ジェフが拳銃を握った瞬間、張り込んでいた刑事たちの銃声がひびいた。主任警部が調べた、死んだジェフの拳銃には、一発も弾が入ってなかった。


ジャック・ルロワ、アラン・ドロン

題名:LE SAMOURAI
邦題:サムライ
監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
製作:ジョルジュ・カサティ
原作:ゴアン・マクレオ
脚本:ジャン・ピエール・メルヴィル
撮影:アンリ・ドカエ、ジャン・シャルヴァン
録音:アレックス・プロン
美術:フランソワ・ド・ラモット
記録:ベティ・エルヴィラ
編集:モニーク・ボノ
音楽:フランソワ・ド・ルーベ
フィルム:イーストマンコダック
現像:L.T.C
製作主任:ジョルジュ・カザティ
助監督:ジュルジュ・ペルグラン
出演:アラン・ドロン、フランソワ・ペリエ、ナタリー・ドロン、カティ・ロジエ、ミシェル・ボワロン、カトリーヌ・ジュールダン、ジャック・ルロワ
1967年フランス・イタリア/ビスタサイズ・カラー105分35mmフィルム
サムライ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


サムライ(LE SAMOURAI)