映画「濡れた唇」

濡れた唇濡れた唇
モニカ・ノルドクイスト                  リッシ・アーランド

今回はクラエス・フェルボム監督1968年製作「濡れた唇(CARMILA)」をピックアップする。
久々のスウェーデン映画である。イングマール・ベルイマン監督作品で観られた弱く優しい光が、作品全体に包まれる心地よいトーンは同様だった。白夜のある地域だからだろうか?他国の映画では見れない独自なトーンである。残念な事に、スウェーデン映画は日本にほとんど入って来ない。クラエス・フェルボム監督についての資料も探したが、知る事が出来なかった。

濡れた唇濡れた唇
ビルイェル・マルムステーン               エリック・ヘル

【ストリー】
カルミラ(モニカ・ノルドクイスト)は、市役所につとめる養父グンナールと生みの母との三人暮らしだったが、グンナールが娘に対する以上の愛を向けてくるので、家を出て、いかがわしいクラブを経営する女ベラ(リッシ・アーランド)の家にころがりこんだ。そこでカルミラは、ベラの言いなりに金持のプレーボーイ相手の毎日を送った。ある日、母が自殺したという連絡をうけ、カルミラは家に帰った。グンナール(オルガルド・ウエルトン)はカルミラとの再会を喜び、二人きりの生活をしようと言ったがカルミラはまたベラの家にもどった。が、その後すぐカルミラの気持はかわり、ベラの反対をおしきってグンナールとの関係をもった。二人は遊びがてら二週間の旅行に出かけたが、ある夜グンナールは車にはねられて即死した。カルミラはその現場を目撃していたが、警察には話さず、自分で犯人をさがす決心をした。町に出たカルミラは、犯人の車をみつけ尾行した。犯人は医者のペル(ビルイェル・マルムステーン)と妻のマリア(エリック・ヘル)だった。事故を起したのはマリアで、彼女は良心の苛責にたえかねて、ノイローゼになっていた。ペルの事務所を訪ね、カルミラは自分が事故を目撃したことを告げた。ペルはカルミラの口を封ずるため、神経衰弱の重症患者という口実を作り、家にひきとった。ペルからカルミラの正体をきいたマリアははじめはカルミラを大切にあつかったが、やがて二人の間に肉体関係が生じたのを知り、嫉妬をおぼえた。カルミラの病気を理由に別荘へ行くという二人にマリアもついていった。ボート小屋の中で、ペルとカルミラは愛欲の炎をもやしていた。その頃、マリアはひそかに小屋に近づき、小屋のまわりにガソリンをまき、火をつけた。小屋の中で火につつまれながら助けを求めるカルミラとペルを、マリアは満足そうに見つづけていた。

濡れた唇濡れた唇
濡れた唇(CARMILA)

題名:CARMILA
邦題:濡れた唇
監督:クラエス・フェルボム
製作:ベルト・サンドベルイ
脚本:イヴォンヌ・アンデルソン
撮影:アーケ・ダルクビスト
音楽:ギイ・オルストロム、クラエス・フェルボム
出演:モニカ・ノルドクイスト、ビルイェル・マルムステーン、エリック・ヘル、オルガルド・ウエルトン、リッシ・アーランド、エリック・ヘル
1968年スウェーデン/ビスタサイズ・モノクロ96分35mmフィルム
濡れた唇 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

濡れた唇濡れた唇
濡れた唇(CARMILA)