映画「ソナチネ」

ソナチネソナチネ
ビートたけし                      国舞亜矢

今回は北野武監督1993年製作「ソナチネ」をピックアップする。
北野武監督の第4作は、東京から暴力団の揉め事を収めようと、沖縄にやって来たヤクザの村川(ビートたけし)が、組織の抗争に巻き込まれて行く姿を描いたものだが、間の取り方、空気感、心象風景などデビュー作「その男、凶暴につき」から引き継がれている。今作は、極道者の夏休みといったユーモアに富んだシークエンスも挟んで新たな試みで構成されている。制作費は5億円で、松竹系での国内配給収入は8,000万円だったそうだ。海外での評価は高い作品ではあるが、日本で客は入らず大赤字だった。

ソナチネソナチネ
勝村政信、寺島進                    渡辺哲

【ストリー】
北嶋組幹部・村川(ビートたけし)は、組長から沖縄の友好団体・中松組が敵対する阿南組と抗争しているので助けてほしいとの命令を受けた。村川の存在が疎ましい幹部の高橋(矢島健一)の差し金だったが、結局村川は弟分の片桐(大杉漣)やケン(寺島進)らを連れて沖縄へ行く。沖縄では中松組幹部の上地(渡辺哲)や弟分の良二(勝村政信)たちが出迎えてくれるが村川らが来たことでかえって相手を刺激してしまい、抗争はますます激化。ある者は殺され、ある者は逃げ出す。生き残った村川、片桐、ケン、上地、良二の五人は海の近くの廃家に身を隠した。ある夜、村川は砂浜で女を強姦した男を撃ち殺した。それを見て脅えもしない若い女・幸(国舞亜矢)はいつのまにか村川と一緒にいるようになる。東京に連絡を入れても高橋がつかまらず、イラつく片桐をよそ目に、海辺でロシアンルーレットや花火や釣りに興じる村川。だが殺し屋などによってケンも片桐も上地も殺されてしまう。やがて沖縄にやって来た高橋を村川は捕まえ、阿南組と組むために村川たちを破門にし、中松組を解散させようと企んでいることを聞き出して彼を殺す。そして手打ち式の会場に襲撃をかけるが、生き残り、幸の持つ廃家へ向かう途中、村川は鈍口をこめかみに当て自ら命を絶つのだった。

ソナチネソナチネ
ソナチネ                        国舞亜矢

題名:ソナチネ
監督:北野武
製作総指揮:奥山和由
製作:鍋島壽夫、森昌行、吉田多喜男
脚本:北野武
撮影:柳島克己
照明:高屋齋
特機:南好哲、津川達郎 (NK特機)
操演:小林正巳、宮田義三
録音:堀内戦治
音効:帆苅幸雄、岡瀬晶彦(東洋音響)
美術:佐々木修
装飾:柴田博英
小道具:平川恵子
組付:木村浩之
背景:庄司正孝
衣裳:アレン・M・工藤、五島純一
美粧:豊川京子
刺青:霞涼二
銃器効果:BIGSHOT、納富貴久男、今関謙一、松山高、川島隆
特殊化粧:原口智生、織田尚
題字:相澤雅人
記録:中田秀子
編集:北野武 ネガ編集:辻井好子
音楽:久石譲
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:日本照明
現像:イマジカ タイミング:大見正晴 オプチカル:中村正視
製作主任:福島聰司
監督補佐:天間敏広
製作担当:小宮慎二
製作進行:神田健一、伊藤正明、小川勝広、牧野吉高
俳優担当:吉川城史
沖縄ロケ担当:小林浩子、牧山龍郎、砂川泰忠、池田勝子、村山充
助監督:北浜雅弘
監督助手:清水浩、大崎章、五十嵐昭徳
撮影助手:山本英夫、金子正人、村埜茂樹、関谷和久
照明助手:安藤和也、尾下栄治、雨平巧、松隈信一、鈴木敦子
録音助手:広川栄治、白取貢、古谷正志、坂上賢治、中野明
美術助手:伊藤章雄、白石昭浩
装飾助手:中山誠、矢ノ口栄子
美粧助手:渡辺美恵子
編集助手:太田義則、高木慶子
製作経理:田島桂子
製作事務:渡邊直美
スチール:斉藤里美
出演:ビートたけし、国舞亜矢、渡辺哲、勝村政信、寺島進、大杉漣、南方英二、逗子とんぼ、矢島健一、森下能幸、北村晃一、津田寛治、城春樹、木下ほうか
1993年日本・バンダイビジュアル+松竹第一興行/ビスタサイズ・カラー94分35mmフィルム
ソナチネ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ソナチネソナチネ
ビートたけし                      ソナチネ