映画「一度も撃ってません」

一度も撃ってません
「一度も撃ってません」石橋蓮司
一度も撃ってません一度も撃ってません
石橋蓮司                      大楠道代

2020年7月3日に全国劇場公開された阪本順治監督「一度も撃ってません」を13日にTOHOシネマズ日本橋スクリーン3で観て来た。私は本作の出演者を知って劇場に足を運ぼうと思ったのだが、テレビドラマの役者と違い優秀な映画俳優達の芝居は、シネスコフレームの様な奥行きがある。しかしエンタメ作品としての撮影予算(設定や背景)が低いというのが、内容から感じてしまうというのが残念である。また名優の石橋蓮司さんと桃井かおりさんというと私は1971年の「あらかじめ失われた恋人たちよ」を思い出してしまう。

あらかじめ失われた恋人たちよあらかじめ失われた恋人たちよ
1971年「あらかじめ失われた恋人たちよ」石橋蓮司(左)桃井かおり
一度も撃ってません一度も撃ってません
桃井かおり                    妻夫木聡、石橋蓮司

【ストリー】
ハードボイルドな男を気取る小説家の市川(石橋蓮司)には、旧友の石田(岸部一徳)からの依頼で殺し屋・今西(妻夫木聡)が狙う標的の行動を調査する、サイレントキラーという別の顔があった。あるとき石田がヒットマンに命を狙われ、市川も危険にさらされる。市川はヒットマンを倒そうと今西を捜すが、一連の行動を妻の弥生(大楠道代)は浮気だと勘違いしてかぎ回る。やがて市川行きつけのバーを訪ねた弥生は、そこにいたひかる(桃井かおり)に夫との浮気を問いただす。

一度も撃ってません一度も撃ってません
岸部一徳                     佐藤浩市、寛 一 郎

題名:一度も撃ってません
監督:阪本順治
製作総指揮:木下直哉
製作:榎望、菅野和佳奈
脚本:丸山昇一
撮影:儀間眞悟
照明:宗賢次郎
録音:照井康政
音効:佐々木英世
美術:原田満生
装飾:石上淳一
化粧:豊川京子
衣裳:岩﨑文男
記録:今村治子
編集:普嶋信一
音楽:安川午朗
音楽プロデューサー:津島玄一
ラインプロデューサー:芳川透
助監督:井川浩哉
出演:石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり、佐藤浩市、豊川悦司、江口洋介、妻夫木聡、新崎人生、井上真央、柄本明、寛 一 郎、前田亜季、渋川清彦、小野武彦、柄本佑
2019年日本・キノフィルムズ/シネスコサイズ・カラー100分デジタルシネマ
公式サイト

一度も撃ってません一度も撃ってません
豊川悦司、石橋蓮司            岸部一徳、桃井かおり、石橋蓮司、大楠道代