映画「やくざと抗争」


安藤昇                        菅原文太

今回は佐藤純彌監督1971年製作「やくざと抗争」をピックアップする。
本作は、新宿の盛り場を舞台に雑草の様に生き、”爆弾マッチ”と呼ばれ、最盛期には500人以上の構成員が在籍した安藤組の組長である安藤昇氏の自伝を基に本人が主演した作品である。1964年に安藤氏の意思で組は解散し、1965年に自らの自叙伝を映画化した「血と掟(松竹制作/湯浅浪男監督)」に主演し映画俳優へ転向した。本作は1967年に東映に移籍した後の作品である。


藤浩子                        渡瀬恒彦

【ストリー】
昭和初期、帝国陸軍が満州平野へ侵入した頃、新宿で通称爆弾マッチ(安藤昇)、舎弟分のオートンの勝(渡瀬恒彦)、フーテンの政(藤竜也)、小光(堀田真三)らの愚連隊が羽振りをきかせていた。ある日、過激左派党員の三人が銀行を襲い逮捕された。実はこの三人、政界の黒幕高橋(渡辺文雄)にそそのかされたのだが、過激左派党を壊滅せんと特別高等警察と高橋が仕組んだとは知らなかったのである。また、この事件で使用された拳銃が以前、マッチの所有していたものだと判明マッチは捕えられ、リンチを受ける。しかし証拠は得られず釈放となった。マッチには娼婦のお栄(藤浩子)という恋人がおり、足抜きをさせるのには300円がどうしても必要だった。ところが大木戸一家の賭場であり金取られてしまい、一計を案じたマッチ、オートン・フーテンたちは自分達で賭場を開くことにする。しかし、黙っている大木戸(天津敏)ではなかった。早速、代貸梅津(菅原文太)らを賭場へ指し向け、つぶしてしまった。怒り狂ったマッチは梅津目がけてドスで斬りかかるが、逆に片腕を斬られてしまう。梅津はその足で警察へ自首。数ヵ月後、梅津が出所、その放免祝いの席上に殴り込んだマッチだったが、傷が痛みだし、その場に倒れてしまう……。その後、マッチは命の恩人の梅津と義兄弟の契りをかわし大木戸のやっかいになった。第二回普通選挙。ある立会演説会場で、大木戸組の押す柏原(山岡徹也)と、無産者同盟の白木(近藤宏)が火花を散らす演説が行われていた。白木は以前、傷ついたマッチを看病したことがあり、お栄とも親しい間柄だった。突然、その白木の事務所に大木戸狙が殴り込み、丁度居合せたお栄を死なせてしまった。やがて白木が当選。マッチは白木の家で初めてお栄の死を聞かされる……。そこへ梅津が突び込み、白木を刺し殺し、自らもドスを腹に突き刺し死んでしまう。数日後、ある寺の本堂。祭壇に飾られている梅津の写真。大木戸組の面々が並び、高橋が厳かに弔辞を読み上げている。その高橋目がけて、マッチがドスを持って突進、崩折れる高橋。マッチは若い衆たちに押し包まれドスで突き刺されるが、最後の力をふりしぼって大木戸に飛びかかり、ドスを突き刺す。二人は重なりあって倒れた……。


近藤宏                       渡辺文雄

藤竜也                       天津敏

題名:やくざと抗争
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇「極道一代 やくざと抗争」
脚本:石松愛弘、佐藤純彌
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:米沢一弘
美粧:入江壮二
美容:宮島孝子
衣装:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:日暮雅信
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:橋本新一
演技事務:和田徹
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、菅原文太、渡瀬恒彦、藤浩子、藤竜也、天津敏、渡辺文雄、山岡徹也、藤山浩二、武智豊子、室田日出男、近藤宏、堀田真三、小林稔侍、沢彰謙、森しげみ、土山登志幸、相馬剛三
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
やくざと抗争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


室田日出男、菅原文太                  安藤昇