映画「ミッドウェイ」

ミッドウェイ
ミッドウェイ(MIDWAY)
ミッドウェイミッドウェイ
パトリック・ウィルソン                         エド・スクライン

今回はローランド・エメリッヒ監督2019年製作「ミッドウェイ(MIDWAY)」を9月11日の日本公開初日にTOHOシネマズ府中で観て来た。同監督1996年製作「インデペンデンス・デイ(INDEPENDENCE DAY」から24年経つが、CG技術の向上と実写合成の精巧さにを感じる思いだ。
例えば、空母エンタープライズへの着艦シーンは、巨大なステージに原寸大の甲板を制作し、復元した艦上機SBDドーントレイスとTBDデヴァスティターを合成用ブルーバック上で撮影した実写素材とCG合成をしたそうだ。本作ではそれらのデジタルエフェクトを1,500カットを作成した。(Scanline VFX、Pixomondo)
映画の内容は、第二次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなったミッドウェイ海戦をテーマにしたものだが、今までの戦争スペクタクルものと違い、20年に及ぶリサーチ(海軍記録保管所や国立公文書図書館、生存者へのインタビューなど)と新たに発見された日本軍側の貴重な資料を基に比較的中立な視点で作られている。長尺でも退屈はしなかったが、ドラマツルギーは低かった。

ミッドウェイミッドウェイ
ルーク・エヴァンス                  マンディ・ムーア

【ストリー】
1941年12月7日の日本軍による奇襲とも言える真珠湾攻撃。戦争の早期終結を狙う山本五十六連合艦隊司令官(豊川悦司)の命により、山口多聞(浅野忠信)や南雲忠一(國村隼)がアメリカ艦隊に攻撃を仕掛けたのだ。大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな太平洋艦隊司令長官に、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツ(ウディ・ハレルソン)を立てた。両国の一歩も引かない攻防が始まる中、日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次なる戦いを計画する。 一方、真珠湾の反省から、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍は、情報部のレイトン少佐(パトリック・ウィルソン)がその目的地をミッドウェイと分析、限られた全戦力を集中した逆襲に勝負を賭ける。そして遂に、アメリカ軍のカリスマパイロット、ディック(エド・スクライン)率いる上空から攻撃をする戦闘機の空中戦と、山口艦長や南雲艦長率いる海上からの戦艦の砲撃の壮絶な激突へのカウントダウンが始まる──。

ミッドウェイミッドウェイ
浅野忠信                        國村隼

題名:MIDWAY
邦題:ミッドウェイ
監督:ローランド・エメリッヒ
製作総指揮:マーク・ゴードン、マルコ・シェパード、ウェズ・トゥックハン・サンピン、ドン・ユー、ジェフリー・チャン、ブレント・オコナー、カーステン・ロレンツ、ウテ・エメリッヒ、アラステア・バーリンガム、ゲイリー・ラスキン
製作:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー
脚本:ウェス・トゥック
撮影:ロビー・バウムガートナー
美術:カーク・ペトルッチェリ
配役:ジョン・パプシデラ
CG・VFX:Scanline VFX、Pixomondo
VFXスーパーバイザー:ピーター・G・トラヴァース
編集:アダム・ウルフ
音楽:トーマス・ワンダー、ハラルド・クローサー
出演:ルーク・エヴァンス、ウディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、浅野忠信、國村隼、豊川悦司、ニック・ジョナス、デニス・クエイド、マンディ・ムーア、アレクサンダー・ルドウィグ、エド・スクライン、ダレン・クリス、アーロン・エッカート
2019年アメリカ/シネスコサイズ・カラー138分デジタルシネマ
公式サイト

ミッドウェイミッドウェイ
ミッドウェイ(MIDWAY)

ミッドウェイ