映画「乱れる」


高峰秀子                                    加山雄三

今回は成瀬巳喜男監督1963年製作「乱れる」をピックアップする。
本作の内容は、未亡人と義弟の許されない愛を描いたもので、難しい設定ではあるが、礼子(高峰秀子)の心の軌跡、切ない思いの描き方、演技は秀逸だと思う。その後の「乱れ雲」と共に素敵な作品である。


三益愛子、草笛光子                   白川由美、草笛光子

【ストリー】
礼子(高峰秀子)は戦争中学徒動員で清水に派遣された際、しず(三益愛子)に見染められて森田屋酒店に嫁いだ。子供も出来ないまま、夫に先だたれ、嫁ぎ先とはいえ、他人の中で礼子は森田家をきりもりしていた。森田家の次男幸司(加山雄三)は、最近、東京の会社をやめ、清水に帰っていた。何が原因か、女遊びや、パチンコ喧嘩と、その無軌道ぶりは手をつけられない程だ。そんな幸司をいつも、優しくむかえるのは、義姉の礼子だった。再婚話しも断り、18年この家にいたのも、次男の幸司が成長する迄と思えばこそであった。ある日見知らぬ女(浜美枝)との、交際で口喧嘩となった礼子に幸司は、今までわだかまっていた胸の内をはきすてるように言った。馬鹿と言われようが、卑怯者といわれようが、僕は義姉さんの側にいたい」義姉への慕情が純粋であるだけに苦しみ続けた幸司だったのだ。それからの幸司は真剣に店をきりもりした。社長を幸司にしてスーパーマーケットにする話がもちあがった日、礼子は家族を集め『せっかくの良い計画も、私が邪魔しているからです、私がこの店から手をひいて、幸司さんに先頭に立ってスーパーマーケットをやって欲しい。私も元の貝塚礼子に戻って新しい人生に出発します私にも隠していましたが、好きな人が郷里にいるのです』とうちあけた。荷造りをする礼子に、幸司は「義姉さんは何故自分ばっかり傷つけるんだ」と責めた。『私は死んだ夫を今でも愛してる、この気持は貴君には分からない』礼子の出発の日、動き出した車の中に、思いがげない幸司の姿があった。『送っていきたいんだ!!いいだろ』幸司の眼も美しく澄んでいた。


浜美枝                        加山雄三、高峰秀子

題名:乱れる
監督:成瀬巳喜男
製作:藤本真澄、成瀬巳喜男
脚本:松山善三
撮影:安本淳
照明:石井長四郎
録音:藤好昌生
整音:下永尚
美術:中古智
編集:大井英史
音楽:斎藤一郎
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当者:黒田達雄
監督助手:川西正純
スチール:秦大三
出演:高峰秀子、加山雄三、三益愛子、草笛光子、浜美枝、白川由美、藤木悠、十朱久雄、北村和夫、坂部紀子、柳谷寛、中北千枝子
1963年日本・東宝/シネスコサイズ・モノクロ98分35mmフィルム
乱れる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰秀子                                    乱れる