映画「地獄の曲り角」

地獄の曲り角
「地獄の曲り角」稲垣美穂子
地獄の曲り角地獄の曲り角
葉山良二                         稲垣美穂子

今回は藏原惟繕監督1959年製作「地獄の曲り角」をピックアップする。
本作は、藤原審爾氏の原作を日本版フィルム・ノワールとして映画化したものだ。内容は、仕掛けれた謎と裏の世界で伸し上がった男の物語である。男が殺し屋にロックオンされるラストの終わり方は、私は好きだ。南田洋子さんが美しく印象に残った。

地獄の曲り角
葉山良二、稲垣美穂子
地獄の曲り角地獄の曲り角
南田洋子                      葉山良二、大泉滉

【ストリー】
さくらホテルのボーイ牧(葉山良二)は殺人事件のあった部屋で「3分の1の鍵」と書かれた紙片と鍵の一部をひろった。翌日の朝刊で、彼は昨夜の殺人はある公団の収賄事件にまつわるもので、殺されたのは出所直後の某省課長補佐であり、共犯の課長松永(二本柳寛)はなお服役しており、1億5千万円の金が行方不明になっているのを知った。思わぬ運命の微笑に彼は狂喜した。ホテルの花屋につとめながら、10万円でその店を買い、彼と暮すことを夢見ている恋人章子(稲垣美穂子)の心配をよそに、彼は生活態度をきりかえた。事件のあった隣りの部屋に宿をとった謎の女貴子(南田洋子)は、色じかけで彼の鍵を狙ってきた。彼女を手にいれた牧は、ホテルの部屋にテープレコーダーをしかけ、密会するアベックから金をおどしとることをはじめ、やくざの上月組とはり合うようになった。麻薬事件を密告して上月組の組織を自分のものにした牧は、今やいっぱしの顔の利く男となった。しかし、花屋を買いとってもらって経営にあたっていた章子は、そんな牧をいやがった。だが牧の目は覚めなかった。貴子の持っていた鍵を手に入れ、出所した松永の手から殺し屋を使って鍵を奪った牧は、3つを合せて中央郵便局私書函からメモをとり出し、それをコピーしてメモにある3人の人物をホテルに集めた。代議士吉満(嵯峨善兵)、局長鈴木(山田禅二)、某会社専務宮岡(松下達夫)の三人は、牧殺害を計ったが、計画はかつて牧のしかけておいたテープにとられていた。こうして5千円札のぎっしり詰ったパッグを手中におさめた牧は、それを自動車に投げ入れて乗ろうとした時、章子の電話でフロントに呼ばれた。そのスキに貴子が車にとびのり、逃走した。だが車には牧を仇と狙うサブの細工がしてあった。追う牧の目前で貴子の車と札束は炎上した。衣服は破れ、うちのめされた牧は、一人章子の部屋に倒れ込んだ。

地獄の曲り角地獄の曲り角
南田洋子、二本柳寛                    高品格

題名:地獄の曲り角
監督:藏原惟繕
企画:大塚和
原作:藤原審爾 「命と女と花」
脚本:馬場当、山田信夫、今村昌平(ノンクレジット)
撮影:間宮義雄
照明:高島正博
美術:千葉一彦
録音:沼倉範夫
技斗:峰三平
編集:鈴木晄
音楽:真鍋理一郎
製作主任:武藤良夫
助監督:野村孝、木下喜源
出演:葉山良二、稲垣美穂子、南田洋子、二本柳寛、近藤宏、高品格、大泉滉、土方弘、大町文夫、松下達夫、山田禅二、河上信夫、嵯峨善兵
1959年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ93分35mmフィルム

地獄の曲り角地獄の曲り角
地獄の曲り角