映画「大根と人参」

大根と人参大根と人参
笠智衆                         乙羽信子

今回は澁谷実監督1964年製作「大根と人参」をピックアップする。
本作は小津安二郎監督が「秋刀魚の味」の次回作として企画・立案していた脚本を監督の逝去(1963年12月12日)により澁谷実監督が映画化した経緯がある。小津監督作品と決定的に違う点は、スタンダードサイズからシネスコサイズへ、50mmレンズ1本撮りから普通のレンズ選択、ローアングルの固守から標準的なポジションでのキャメラの使い方をしている。小津安二郎監督は1923年~25年に松竹蒲田撮影所で撮影助手としてスタートした。その経験と知識からアンリ・カルティエ=ブレッソンのごとく50mmレンズとスタンダートサイズに最後まで拘った。その意味で本作は澁谷実監督作品であり、小津監督とは作風が違うので”小津安二郎記念映画”と銘打つには疑問が残る。

大根と人参大根と人参
長門裕之                        加賀まりこ

【ストリー】
山樹東吉(笠智衆)は内外商事の総務次長だ。長女の京子(岡田茉莉子)、次女の夏子(有馬稲子)、三女の晴子(司葉子)はすでに嫁いで、現在は妻の信代(乙羽信子)と末娘の恵子(加賀まりこ)との3人暮しの毎日だ。その恵子も、東吉の同窓鈴鹿剛平の息子三郎(三上真一郎)と婚約して、やがて巣立とうとしている。或る夜、山樹は同窓会の席上、ガンで療養中の秋山(信欣三)にその病名を知らせる可きか否かで鈴鹿(山形勲)と口論となり、ついに恵子、三郎の縁組もあぶなくなった。だが若い二人の心は、幸せでふくらんでいた。こんな山樹に、小さな事件が訪れた。東吉の世話で、内外商事に入社した弟の康介(長門裕之)が、会社の公金を100万使い込んだのだ。後始末を頼まれた東吉は、30年かけて築きあげた地位を守らんため、預金70万を康介に手渡した。そして残りの30万を証券会社から受け取ったまま、山樹は謎の失踪をした。急拠集まった娘夫婦や、康介は、今はやりの人間蒸発ではないかと、各人各様な推理を働かせては、信代を不安に陥し入れた。河野美枝(岩下志麻)が山樹家を訪れたのは、そんな時であった。美しい娘の登場に“事件の陰に女ありと”思わせたが、実は、美枝は戦争中山樹の愛人だった美枝の母との間に生れた娘であったのだ。そして、結婚の仲人を頼みに来たのだった。山樹が家出して10日たった。こちらは大阪のジャンジャン横丁。ポン引き、コールガールのたむろするホルモン焼き屋で、快気焔をあげる山樹東吉のうれしそうな顔がある。一方山樹家では、半ばあきらめて二週間目をむかえた。そんなある日、玄関の戸を開けて“帰ったよ”と平凡な声をかけて入って来た東吉の姿に、信代をはじめ、娘たちは呆然とした。恵子と三郎の結婚も決り、山樹家に静けさが訪れた頃、秋山は遂に死亡した。数日後、山樹は、鈴鹿に失踪の理由を「動機も理由もなく、美しい空を見ていたら、いつの間にか汽車にのっていた」と語った。

大根と人参大根と人参
岩下志麻                        有馬稲子

題名:大根と人参
監督:澁谷実
製作:城戸四郎
原案:野田高梧、小津安二郎
脚本:白坂依志夫、渋谷実
撮影:長岡博之
照明:小泉喜代司
録音:大村三郎
美術:芳野尹孝
編集:杉原よ志
音楽:黛敏郎
スチール:長谷川宗平
出演:笠智衆、乙羽信子、岩下志麻、加賀まりこ、長門裕之、山形勲、岡田茉莉子、司葉子、森光子、三宅邦子、有馬稲子、加東大介、三上真一郎、信欣三、池部良、桑野みゆき、加藤芳郎
1964年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー105分35mmフィルム

大根と人参大根と人参
岡田茉莉子                       加東大介 
大根と人参大根と人参
笠智衆、乙羽信子                  笠智衆、山形勲