映画「暴力金脈」

暴力金脈暴力金脈
梅宮辰夫、松方弘樹                  松方弘樹、小沢栄太郎

今回は中島貞夫監督1975年製作「暴力金脈」をピックアップする。
本作は”東映実録路線”過渡期の異色作で、現代やくざの変種といえる総会屋の生態を描いており、初めての松方弘樹さん主演作品である。

暴力金脈暴力金脈
丹波哲郎                        梅宮辰夫、田中邦衛

【ストリー】
早朝5時、大阪通天閣を朝日が射す頃、総会屋の端くれである中江宏(松方弘樹)は、大平重工の総務部へ出かけ整理券を貰う。会社の始る9時から整理券の順番にそって総務部に出向き、手当を貰う。宏は、そういう付き合いの中から“貰いつづけて30年”〃と自称する古い万才屋・乃木万太郎(小沢栄太郎)と知り合い、総会屋の手ほどきを受ける。総会屋だけでは食えない宏は、合間に三味線とハンバーグの材料にする猫捕りを手伝っていたが、その縁で暴力団・寺岡組の若い衆で、宏とは同郷の奥田寛次(梅宮辰夫)と親しくなる。大物総会屋への野望に燃える宏、日本一の組長をめざす奥田の二人は連係を約する。奥田の腕力と、乃木の協力を得た中江は、関西で実力一の総会屋・神野(田中邦衛)と対決し、浪花相互銀行を事件にし、その熾烈な戦いで乃木は死んだ。やがて、頭取の不正融資をネタに3,000万円脅し取った宏は、東京に進出した。八方破れな行動力に目をつけた綜合商社・東商物産副社長の長尾(大滝秀治)は、買収に失敗し続けている東亜制作所の攻撃を宏に依頼した。長尾の後には曽宮社長(若山富三郎)に対する反社長派の常務・三浦(嵯峨善兵)の画策があった。しかし、東亜制作所についている総会屋は、その名も知られた西島一光(丹波哲郎)だった。彼は暴力団・綿志会を背景に敢然たる勢力を持っていた。西島には綿志会が、中江のバックには奥田が寺岡組を率いて上京し、それぞれ眠みをきかせた。曽宮の愛人関係を調べていた中江は、クラブのママ、上原アヤ(池玲子)の存在を知った。アヤには父は無く、たった一人の母も死に、曽宮の世話を受けながら、彼の異常な性欲のハケロになっていた。宏はそんなアヤを抱いた。そしてアヤを調査しているうちに彼女は曽宮の実の子である事を知った。そしてアヤは証拠物件である母親の日記を宏に渡して自殺した。総会前夜、宏は曽宮に会い、アヤの死と、彼女が実の娘であった事を告げた。そして総会。宏の工作は西島に敵わなかった。だが、曽宮は一身上の都合を理由に社長を退陣した。闘いは終った。しかし東亜制作所はビクともせず厳然と残る。新たな野望に燃える宏は会場を後に力強く歩き出した。

暴力金脈暴力金脈
若山富三郎、池玲子                  絵沢萠子
暴力金脈暴力金脈
若山富三郎                     松方弘樹、室田日出男

題名:暴力金脈
監督:中島貞夫
企画:日下部五朗、佐藤雅夫
脚本:野上龍雄、笠原和夫
撮影:増田敏雄
照明:北口光三郎
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:吉岡茂一
装飾:西村和比古
背景:松原邦四郎
美粧:長友初生
結髪:白鳥里子
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
現像:東映化学
進行主任:上田正直
監督補佐:清水彰
助監督:藤原敏之
演技事務:森本英次
スチール:中山健司
出演:松方弘樹、梅宮辰夫、池玲子、小沢栄太郎、田中邦衛、若山富三郎、丹波哲郎、山城新伍、大滝秀治、伊吹吾郎、絵沢萠子、室田日出男、川谷拓三、森田めぐみ、橘麻紀、浜田寅彦、嵯峨善兵、片桐竜次、汐路章、志賀勝
1975年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
暴力金脈 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暴力金脈暴力金脈
池玲子                         松方弘樹