映画「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
松方弘樹                       宮園純子
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
宮園純子

今回は鷹森立一監督1969年製作「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」をピックアップする。
“夜の歌謡シリーズ第5作”である本作は、青江三奈さんのヒット曲”長崎ブルース”をバックに、ムードで綴る歌謡シリーズという内容だ。大原麗子さんが美しい。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
梅宮辰夫                       大原麗子
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
大原麗子

【ストリー】
クラブ・エリートのナンバーワン・ホスト浜崎史郎(松方弘樹)は、新宿でまだあどけなさの残る少年水野清志(谷隼人)を拾った。清志はテレビタレントを志望していたが、史郎の甘言に乗り、クラブのセリに出されてしまった。しかし、純情型の清志は最高値で落札され、いつしかホストとしての腕をあげていった。清志の姉直美(宮園純子)が上京したのはそんな折だった。直美は清志を説得して長崎へ連れ戻そうとしたが、高収入の仕事を捨てようとはしなかった。直美は史郎にも懇願したが、史郎のプライドを傷つけてしまった。激怒した史郎は、直美に襲いかかったが、彼女の気品にふれ自分の行為を後悔した。やがて、史郎は清志から直美の結婚話を聞かされ、長崎に発った。そして、婚約者の布施(梅宮辰夫)に直美と関係のあったことを告げた。直美は布施から蔑視され、絶望の余り自殺をはかった。その直美を死から救ったのは史郎だった。だが、復讐に燃える布施はゴロツキを雇い、史郎に重傷を負わせた。誠心誠意の看護を続ける直美。二人が婚約したのはそれから間もなくのことだった。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
谷隼人                        白木マリ

題名:夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
監督:鷹森立一
企画:園田実彦、吉峰甲子夫
脚本:舟橋和郎
撮影:星島一郎
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:加藤勇次
装飾:武井正二
擬斗:日尾孝司
記録:山之内康代
編集:田中修
音楽:伊部晴美 主題歌:青江三奈「長崎ブルース」「新宿サタデーナイト」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:清河朝友
助監督:山口和彦
スチール:加藤光雄
出演:松方弘樹、宮園純子、青江三奈、大原麗子、谷隼人、梅宮辰夫、白木マリ、西岡慶子、藤村有弘、曽我町子、若水ヤエ子、長沢純、宮内洋、人見きよし、曽根晴美、大泉滉、高宮敬二
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース
松方弘樹、青江三奈                梅宮辰夫、松方弘樹
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース