映画「お熱いのがお好き」


トニー・カーティス、ジャック・レモン

今回はビリー・ワイルダー監督1959年製作「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」をピックアップする。
本作は1920年代、禁酒法制下のアメリカを時代背景にウィットに富むコメディ作品で名作と言われている。劇中、マリリン・モンローが歌った主題曲は、現在も彼女のアイコンになって余りにも聞き慣れている。トニー・カーティスとジャック・レモンの女装は、当時としては衝撃的な設定であり、喜劇の重要なモチーフとして成功している。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

【ストリー】
禁酒時代のシカゴのもぐり酒場。サキソフォンを吹いていたジョー(トニー・カーティス)と、バス・ヴァイオルを弾いていたジェリー(ジャック・レモン)は、酒場に警察の手入れが入って失職した。困った2人は新しい仕事場へ都落ちするため、ガレージに自動車を借りに出かける。ところがそのガレージで、彼らはギャングの殺人を目撃する。折からの聖ヴァレンタインの日を期して、2人がもと働いていた酒場の持ち主スパッツ・コロンボ(ジョージ・ラフト)が、もぐり営業を密告した男に機関銃弾をぶちこんだのである。逃げ出した2人は、コロンボ一味に狙われる身の上となった。生命の危険を感じた2人は、ジョーがジョセフィン、ジェリーがダフニと名を変えて、女装して女性オーケストラ一行にまぎれこみ、マイアミ演奏旅行に出発する。オーケストラの一員に、ウクレレ奏者の金髪娘シュガー(マリリン・モンロー)がいた。ジョーは一目でシュガーに惹かれたが、彼女は過去に6回もサキソフォン吹きとの恋愛に失敗し、今度は成金と結婚しようと狙っている娘だった。それに女を装う身の上では、求愛もできない。一方ジェリーのダフニは、マイアミで年輩の大金持の御曹子オスグッド3世(ジョー・E・ブラウン)に一目惚れされてしまう。そこで一計を案じ、ジョーは男の姿に戻って石油成金と偽り、シュガーをつれ出す。そしてジェリーの誘いで外出したオスグッド3世のヨットを使い、彼女と愛をささやくことに成功。2人の二重生活が進行中のそんなある日、ギャング達の集会がマイアミで開かれ、スパッツ・コロンボが一味をつれてオーケストラ一行と同じホテルにやってきた。びっくりした2人は、正体を見破られかけて逃げ出す仕度をする。ギャングの集会では、勢力拡張を計るコロンボが組織の怒りをかい、集会の席上で突然射殺される事件が起こる。そんな騒ぎのうちに、ジョーは実は自分は男だと打ち明けて、シュガーとともに安全なヨットに逃れる。ヨットに向かう途中、ジェリーもオスグッド3世に、自分が男である身の上を打ち明ける。しかしオスグッド3世は、平然として言った。「誰でも完全な人間なんてありはしない」と。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

題名:SOME LIKE IT HOT
邦題:お熱いのがお好き
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:R・ソーレン、M・ローガン
脚本:ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド
撮影:チャールズ・ラング
美術:テッド・ハワース
衣装:オーリー・ケリー
音楽:アドルフ・ドイッチェ 音楽監督:マティ・マルネック
編集:アーサー・シュミット
出演:マリリン・モンロー、トニー・カーティス、ジャック・レモン、ジョージ・ラフト、パット・オブライエン、ジョー・E・ブラウン、ネーミア・パーソフ、ジョアン・ショーリー、ビリー・グレイ、ジョージ・E・ストーン、デイヴ・バリー
1959年アメリカ/ビスタサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
お熱いのがお好き -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お熱いのがお好き(SOME LIKE IT HOT)」マリリン・モンロー

マリリン・モンロー