映画「オン・ザ・ロック」

オン・ザ・ロックオン・ザ・ロック
ビル・マーレイ                                        ラシダ・ジョーンズ
今回は2020年10月2日に全国公開されたソフィア・コッポラ監督2020年製作「オン・ザ・ロック(ON THE ROCKS)」を13日に新宿武蔵野館(スクリーン1)でDCP上映で観て来た。2003年に日本を舞台にした「ロスト・イン・トランスレーション」で鋭い感覚の監督だと思っていたが、本作は冗長な描き方だったのでいささか退屈した。本作はApple社がA24(制作会社)と提携して両社が共同で製作する最初の映画で劇場公開後に配信される予定だ。撮影は2019年6月にニューヨークでインしたそうだ。

フィルムの解釈, 挑戦, 驚き, そして準備, 事前照明, 撮影のときに自分自身にかける質問が大好きです. フィルムストックを選ぶときのビジュアル的な意味が全てです. デジタルでThe Beguiledでやったことを達成することは決してできません. 夜のフィルム撮影の方が複雑です. 私はストリートを再現したいですか? 私はデジタルに比べて大好きで快適なフィルムの質感が分かります. 私は主に可能な場所で5219と5213を使用しました. 私は夜にいくつかのテストを行い, ハイライトとブラックの詳細を得るために5219ネガティブなワンストップを引っ張ることにしました. ソフィアはいつも映画を撮影したかった, On the Rocksについて議論はなかった。
撮影監督:フィリップ・ル・スール Kodak Motion Picture Filmより

オン・ザ・ロックオン・ザ・ロック
マーロン・ウェイアンズ               ラシダ・ジョーンズ

【ストリー】
ニューヨーク。順風満帆な人生を送っていると思っていた若い母親、ローラ(ラシダ・ジョーンズ)は、夫のディーン(マーロン・ウェイアンズ)が新しく来た同僚と残業を繰り返すようになり、良からぬことが起こっているのでと疑いを抱く。そこで、そういう男女の問題に精通しているプレイボーイの自分の父親、フェリックス(ビル・マーレイ)に相談を持ち掛ける。フェリックスはこの事態を調査すべきだとアドバイスし、父娘2人で夜の街へと繰り出す。アップタウンのパーティーやダウンタウンのホットスポットを巡りながら、フェリックスとローラは自分たち父娘の関係について、ある発見をする……。

オン・ザ・ロックオン・ザ・ロック
ビル・マーレイ              ラシダ・ジョーンズ、ビル・マーレイ

題名:ON THE ROCKS
邦題:オン・ザ・ロック
監督:ソフィア・コッポラ
製作総指揮:ロマン・コッポラ、ミッチ・グレイザー、フレッド・ルース
製作:ソフィア・コッポラ、ユーリー・ヘンリー、キャロライン・ヤズコ
脚本:ソフィア・コッポラ
撮影:フィリップ・ル・スール
美術:アン・ロス
衣裳:ステイシー・バタット
配役:コートニー・ブライト、ニコール・ダニエルズ
編集:サラ・フラック
現像:テクニカラー
音楽:フェニックス
フィルム:イーストマンコダック
出演:ビル・マーレイ、ラシダ・ジョーンズ、マーロン・ウェイアンズ、ジェニー・スレイト、バーバラ・ベイン、ジェシカ・ヘンウィック
2020年アメリカ/ビスタサイズ・カラー97分35mmフィルム
公式サイト

オン・ザ・ロック
本作はEK5219と5213のフィルムで撮られている。写真右はソフィア・コッポラ監督。
オン・ザ・ロックオン・ザ・ロック
ラシダ・ジョーンズ           ラシダ・ジョーンズ、マーロン・ウェイアンズ

オン・ザ・ロック