映画「大人と子供のあいのこだい」

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
浜田光夫                       松原智恵子

今回は若杉光夫監督1961年製作「大人と子供のあいのこだい」をピックアップする。
本作は松原智恵子さんのデビュー作だが、驚くほど出番とカラミが少ない。「キューポラのある街」と比べると見劣りする内容とテーマの追求である。プロダクションノートに書いてある教配スタジオ(目黒区柿の木坂・旧目黒スタジオ)を使用しているそうだが、どのシーンだかは分からなかった。70年代後半~90年代前半までCF撮影で、特に徹夜の仕事で通ったのを思い出す。2002年に教配スタジオは売却され、跡地にはUR都市機構シティコート目黒が建った。余談になるが、それから6年経た2008年10月に東宝ビルド(東京美術センター)も閉鎖、解体され、跡地は集合住宅として再開発された。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
鈴木瑞穂、浜田光夫                 佐々木すみ江、宇野重吉

【ストリー】
平井明夫(浜田光夫)は下町の中学三年生だ。父親の国造(松下達夫)は小さな工場の工員、母親のマサ(小夜福子)は内職、姉の加代(高田敏江)も工員をして貧しい家計を助けている。国造は、工場の不況で月給も遅れがちになのに、毎日酒を飲み、競輪や競馬にうつつをぬかしていた。明夫は、そんな父親に憤りを感じるとともに、“専門学校までいった父ちゃんに日雇い仕事までさせたくない”と文句も言わず、苦しい家計をやりくりしている母親にも不満だった。学校で生徒会役員の選挙があった。成績優秀な彼は友人たちに推されて立候補し、役員に選ばれた。喜んだ親友の杉下京一(鈴木寿雄)は明夫を自分の家へ誘い、家族に明夫の演説ぶりを話した。その晩、楽しい夕飯をご馳走になった明夫は、食後に京一から「坂口智佐子(松原智恵子)が好きなんだろう」と言われた。国造の働いている工場が潰れた。次の仕事は中々見つかりそうもない。そのうえ加代も無理がたたって病気になり、療養所へ入ってしまった。しかし明夫はいじけなかった。学校では役員として活躍し、高校入試模擬テストでは全国でも優秀な成績をとった。明夫は毎日日記をつけている。「貧乏なのはしかたがない。俺は俺の力で争うだけだ」と書いた明夫は、昼間働き、夜間の高校へ行くつもりで勉強していた。明夫を高校へ進学させたい担任教師・田口先生(鈴木瑞穂)と京一の父親・洋介(宇野重吉)が相談し、明夫を自分の家に預った。明夫と京一は励まし合って勉強し、二人と見事に合格した。合格の当日、明夫は療養所へ駆けつけた。姉の佳代も合格を喜んでくれるものと思っていた明夫だったが…。

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
高田敏江                        松下達夫

題名:大人と子供のあいのこだい
監督:若杉光夫
企画:大塚和
原作:渡辺照男
脚本:岩田重利、米山彊
撮影:井上莞
照明:鈴木貞雄
録音:丸山国衛
美術:岡田戸夢
編集:青山一郎
音楽:林光
製作主任:小林吉男
助監督:佐川功
スチール:寺本正一
出演:浜田光夫、松原智恵子、宇野重吉、高田敏江、梅野泰靖、松下達夫、武智豊子、小夜福子、鶴丸睦彦、鈴木瑞穂、佐々木すみ江、大滝秀治、鈴木寿雄
1961年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ70分35mmフィルム

大人と子供のあいのこだい大人と子供のあいのこだい
大人と子供のあいのこだい