映画「血染の代紋」

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、梅宮辰夫          待田京介、曽根晴美、 室田日出男、菅原文太

今回は深作欣二監督1969年製作「血染の代紋」をピックアップする。
1970年1月31日に公開された本作の舞台は横浜、厳しい警察の取り締まりにより資金源を押さえられた暴力集団が、コンビナート拡張にからむ利権をめぐって、新しい抗争を始めようとしていた。その最中、生まれ故郷の横浜に戻ってきた元ボクサーは、幼友達が浜本組の組長となったことを知る。二人は利権抗争の中で、心ならずも敵味方となるが、横浜を食い物にしようとする組織に対し、命を賭けた戦いを開始する――。

血染の代紋血染の代紋
鶴田浩二                       渡辺文雄

【ストリー】
横浜・浜安組の新組長を襲名した郡司健策(菅原文太)は、岩切組組長岩切(内田朝雄)の勧めで、倉庫業への転身を計画した。だが、この計画実行には、アンコ達の住むスラムを壊さなければならなかった。説得に当る郡司の前に幼な友だちで元ボクサーの速水(梅宮辰夫)が立ちふさがった。速水は、混血のジョージ(ケン・サンダース)に自分の夢を託して育てていたが、ジョージの怪我を治す金欲しさから大門組に買収されていた。それに大門(渡辺文雄)もまた倉庫の利権を狙っていたのだ。そんなある日、浜安組の元代貸・黒木(鶴田浩二)が刑期を終えて出所して来た。郡司と黒木の説得で、スラムの住人・大将(長門勇)やドモ竹(砂塚秀夫)も協力を約束し、立退きは軌道に乗りはじめた。一方、大門の妨害も激しさを増し、組員の風間(待田京介)が惨殺された。この間に岩切は大門と組んで倉庫の利権をわがものにしようと企んだ。ある夜、大将とジョージが殺された。大門組のしわざと知る速水は、大門への怒りに燃えたった。またこれが浜安組のしわざと思ったスラムの住民は大門組の煽動にのって暴動を起した。大門と岩切の企みを知った黒木は単身岩切組へ殴り込み、岩切と共に命を絶った。この騒ぎの間に大門はまんまと倉庫の利権を握り、新埠頭での起工式に臨んだ。式が終って会場から出る大門と組員たちの前に郡司と速水が立ちはだかった。郡司の短刀が大門の腹を刺した。が、彼の背中にも無数の白刃が襲った。大門に止めをさした速水も銃弾に倒れた。二人は血に染りながら固く手と手を握った。

血染の代紋血染の代紋
菅原文太、宮園純子                 ケン・サンダース、梅宮辰夫

題名:血染の代紋
監督:深作欣二
企画:俊藤浩滋、太田浩児
脚本:深作欣二、内藤誠
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:小松忠之
美術:北川弘
装置:松野太三郎
装飾:米沢一弘
記録:宮本依子
編集:祖田富美夫
擬斗:日尾孝司
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
スチール:田中真紀夫
出演:梅宮辰夫、菅原文太、待田京介、宮園純子、鶴田浩二、長門勇、渡辺文雄、鈴木やすし、曽根晴美、内田朝雄、ケン・サンダース(ジョー・山中)、室田日出男、八名信夫、砂塚秀夫、木川哲也、滝島孝二、北川恵一、日尾孝司、藤山浩二、土山登士幸、南廣、久地明、河合絃司、小松方正(Na)
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
血染の代紋 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

血染の代紋血染の代紋
長門勇                        血染の代紋