映画「マダム・スキャンダル」

「マダム・スキャンダル 10秒死なせて」五月みどり
マダム・スキャンダル 10秒死なせてマダム・スキャンダル 10秒死なせて
五月みどり                        風祭ゆき

今回は西村昭五郎監督1982年製作「マダム・スキャンダル 10秒死なせて」をピックアップする。
本作は日活生誕70周年記念&ロマンポルノ500本記念超大作としてアメリカ・ロスアンゼルスロケを敢行した作品である。
余談になるが、この頃から80年代末頃までCF撮影ではあるが、海外ロケが非常に多く、私はLAには5回は撮影に行った。
その経験から言うと、本作はハリウッドの撮影機材と現像所は使っていない様だが、劇中の風景を観て当時を懐かしく思う。1971年から1988年まで制作された日活ロマンポルノは、この時点、11年で500作も作っていた事になる。その内の数本は劇場で観た記憶があるが、五月みどりさん主演作は人気だったし、私もその色気に魅了された。彼女は歌手、俳優に留まらず多彩な才能で爪痕を残した人である。

【当ブログで紹介した五月みどり出演作品】
1961年「花くらべ狸道中
1964年「日本侠客伝 浪花篇
1975年「五月みどりのかまきり夫人の告白
1982年「マダム・スキャンダル 10秒死なせて
1983年「悪女かまきり
1987年「男はつらいよ・寅次郎物語

マダム・スキャンダル 10秒死なせてマダム・スキャンダル 10秒死なせて
小松方正                      五月みどり、中丸信

【ストリー】
ロスで「メグ」というレストランを経営している宮本めぐみ(五月みどり)の頭痛の種は、夫・ケン(中丸信)の放蕩だった。その上、ロス郊外で手広く農場を営む義父の威夫(小松方正)がそれとなく迫ってくるのも困りものだ。ある日、ケンが雪山で遭難したというニュースで動揺するめぐみは、駆けつけた威夫にいたわられつつ、体を許してしまう。ケンは無事、救出されめぐみはホッとしたが、威夫は憮然とした表情さえうかべた。数日後、威夫は農園のオレンジが順調なので、めぐみにロスの高級店を買い与えたいといい出した。とまどいながらこれを受けるめぐみ。威夫はケンに用事をいいつけて二人だけになった数分間、拒むめぐみを押し倒して激しく求めた。その後、新しい店も軌道に乗り始めた頃めぐみは昔の婚約者・春川(西田健)に会った。春川は詐欺師まがいの男で、行方不明になった彼を捜しにアメリカまで来た結果が今のめぐみなのだ。その春川はめぐみから逃げるように立ち去ってしまう。めぐみの周辺に不幸なアクシデントが相次いだ。威夫の農園はオレンジの暴落で倒産寸前、ケンは車の事故で死んでしまう--。そんなめぐみの生活ぶりを見聞した春川が、昔の関係を利用して金を欺し取ろうとめぐみに近づいてきたのだ。春川の陰謀を分かった上で、めぐみは待ち合せのホテルに出かけた。自分から春川に抱かれ、その日のめぐみは燃えに、燃えた。めぐみは、情事が終わると、泣きそうな顔で金を受けとろうとしない春川に無理矢理金を押しつけ、後もふり返らず、ロスの街に消えていった。

マダム・スキャンダル 10秒死なせてマダム・スキャンダル 10秒死なせて
風祭ゆき、五月みどり                 五月みどり

題名:マダム・スキャンダル 10秒死なせて
監督:西村昭五郎
製作:岡田裕、中川好久
脚本:佐治乾
撮影:山崎善弘
照明:グレッグ・ガーディナー
録音:ロン・ジャドキンス
整音:福島信雄
美術:ケーシー・シーベル
装飾:ロバート・ホーランド
衣裳:工藤和子
音楽:レオン・マッケリー
選曲:伊藤晴康
記録:ローレン・ブライテング
編集:鈴木晄
現像:東洋現像所
製作主任:アーロン・リップスクッド
製作進行:チャーリー・スコラス
監督助手:川崎善広、マティア・カーレル
色彩計測:田口晴久
コーディネーター:江川信也、ユカ・クリッピンガー
宣伝:半沢浩
スチール:トニー・クーナ
出演:五月みどり、風祭ゆき、小松方正、西田健、中丸信、ケリー・フライ、キヤップ・ジョンソン、ダン・デ・スミス、ソル・アギーノ、トール・ヨシオカ、ヨーコ・ハロラン
1982年日本・ニューセンチュリー・プロデューサーズ+にっかつ/ビスタ・サイズ・カラー77分35mmフィルム

マダム・スキャンダル 10秒死なせてマダム・スキャンダル 10秒死なせて
五月みどり、西田健                    西田健