映画「三匹の侍」

三匹の侍三匹の侍
丹波哲郎                       長門勇
三匹の侍三匹の侍
平幹二朗                   平幹二朗、丹波哲郎、長門勇

今回は五社英雄監督1964年製作「三匹の侍」をピックアップする。
本作は、1963年から1969年までフジテレビ系列で放映され、相当な人気があった同名連続テレビ時代劇を映画化したもので、効果音を使用した殺陣は、それまでの時代劇とは異なる独自のアクション表現を確立した。1970年にはレギュラー出演者を交代した「新三匹の侍」が作られた。

三匹の侍三匹の侍
桑野みゆき                       香山美子

【ストリー】
浪人柴左近(丹波哲郎)は、代官松下宇左衛門(石黒達也)支配下の村で、凶作と重税に泣く百姓が、代官の娘亜矢(桑野みゆき)を人質にして、強訴しようとしている騒動に出喰わした。左近は持ち前の侠気から百姓に加担して、亜矢を奪回しようと、押し寄せた役人達を蹴散らした。松下は、江戸から帰る領主に百姓が強訴するのを恐れて浪人桔梗鋭之助(平幹二朗)や桜京十郎(長門勇)ら、不良浪人を狩り集めて、百姓達のたてこもる水車小屋を襲った。しかし鋭之助や京十郎は、百姓たちが義民であることを知り、逆に、左近と協力して不良浪人を斬り倒した。手をやいた代官は百姓の一人五作(今橋恒)の娘おやす(香山美子)を捕え、亜矢との交換を迫った。おやすの身を案じた左近は、百姓たちの身の安全を条件に自ら首謀者として名のりでた。しかし代官は約束を果さず、百姓たちを斬り殺した。京十郎は、怒り狂う百姓たちを制して、鋭之助と共に、代官屋敷にしのびこみ左近を救い出した。いよいよ城主がこの村を通る日、左近らは城主に直訴するつもりで行列の通り道近くの網小屋にたてこもった。松下は行列のさきぶれにきた剣客大内玄馬(青木義朗)らの一隊に網小屋を襲撃させ、左近、鋭之助、京十郎らはこれを迎え討った。壮絶な死闘の末三人は、松下、大内らを斬りたおした。城主の行列を後に三人はまたいずこともない旅に出るのだった。

三匹の侍三匹の侍
平幹二朗、三原葉子                 木村俊恵、長門勇

題名:三匹の侍
監督:五社英雄
企画:さむらいプロダクション、フジテレビ
製作:岸本吟一、丹波哲郎
脚本:阿部桂一、柴英三郎、五社英雄
撮影:酒井忠
照明:染川広義
録音:福安賢洋
音効:高井唯夫、篠原利夫
美術:大角純一
装置:林弘保
装飾:田尻善一
衣裳:藤田茂
技髪:村田春松
結髪:木村よし子
殺陣:湯浅謙太郎
時代考証:林悌三
編集:太田和夫
現像:東洋現像所
音楽:津島利章
進行主任:内藤誠
助監督:増田彬
撮影助手:藤井重光
照明助手:正堺信太郎
録音助手:太田弘
編集助手:木村幸雄
スチール:佐々木千栄治
出演:丹波哲郎、長門勇、平幹二朗、桑野みゆき、香山美子、葵京子、藤原釜足、石黒達也、井川比佐志、木村俊恵、三原葉子、伊沢一郎、多々良純、青木義朗、左卜全、織本順吉、上田吉二郎、青山宏、今橋恒、永田光男、富田仲次郎
1964年日本・松竹+さむらいプロダクション/シネスコサイズ・モノクロ93分35mmフィルム
三匹の侍 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

三匹の侍三匹の侍
丹波哲郎、平幹二朗、長門勇                三匹の侍