映画「大忍術映画 ワタリ」

大忍術映画 ワタリ大忍術映画 ワタリ
金子吉延                                    伊藤敏孝

今回は船床定男監督1966年製作「大忍術映画 ワタリ」をピックアップする。
本作は、当時、東宝の独壇場だった特撮映画に挑戦した大映の’ガメラ””大魔神”、日活の”大巨獣ガッパ”に続いて東映初の本格的特撮映画である。当初この”ワタリ”は、テレビドラマとして企画されたが、原作者との紛糾で映画版のみ一作となってしまった。その後、原作を横山光輝氏に依頼して「仮面の忍者 赤影」をテレビドラマ化し、スタッフ・キャストが継承された経緯がある。

大忍術映画 ワタリ大忍術映画 ワタリ
村井国夫、本間千代子                  大友柳太朗

【ストリー】
戦国時代。忍者の国伊賀の里では、百地三太夫(内田朝雄)を頭とする百池党と、藤村長門(瑳川哲朗)を首領とする藤林組とが勢力を争っていた。伊賀には下忍養成所があり、他国から幼い子供をさらってきては、次次に一人前の忍者を養成、補充していた。爺い(牧冬吉)と一緒に百地党に入ったワタリ少年(金子吉延)もその一人で、その天才的な術は、三太夫や大頭音羽の城戸(大友柳太朗)を驚かした。ある日ワタリは、同じ少年の忍者で心の優しいカズラ(伊藤敏孝)と知りあい、二人の間には強い友情の絆が結ばれた。カズラにはツユキ(本間千代子)という美しい姉がいて、彼女は恋人小次郎(村井国夫)と夫婦になるためには、五月雨城主を殺さねばならぬ掟を背負っていた。しかしながら、五月雨城は武田勢の強力な忍者、伊賀崎六人衆に守られ、難攻不落、二人のかなう相手ではなかった。小次郎は危く爺いに助けられたが、ツユキは宙吊りにされて死んでいった。姉の復讐に燃えたカズラは、ワタリと共に五月雨城に忍びこんだが、意外にもそこでみたのは藤林組の大頭楯岡の道順(天津敏)と配下の忍者達だった。それというのは三太夫と藤村長門は裏で通じていて、自分達の地位と権力を守るために仮想の敵を作り、下忍達を厳しい掟で縛りつけていたのだった。姉の本当の仇敵がわかったカズラは、道順達の激しい追跡をのがれて藤林組に乗りこんだ。しかし長門を倒す目的は達したが、カズラ自身も自爆してしまった。一方、ワタリは三太夫を討たんと爺い、小次郎と共に秘密の抜け穴に忍びこんだ。小次郎の一太刀に三太夫は倒れたが、死に際に残した言葉から、道順と城戸は同一人で下忍蓬は無論、藤林組、百地党を操る最大の黒幕だった。不敵に笑う城戸とワタリの凄じい忍術合戦。しかしさすがの城戸もワタリの斧の前に倒れた。再び平和の戻った伊賀の里を後にしたワタリと爺いは、いずこともなく去っていった。

大忍術映画 ワタリ大忍術映画 ワタリ
大忍術映画 ワタリ

題名:大忍術映画 ワタリ
監督:船床定男
企画:岡田茂、秋元隆夫、新海竹介
製作:大川博
原作:白土三平
脚本:伊上勝、西村俊一
撮影:国定玖仁男
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:矢守好弘
装飾:笠井伴夫
美粧:堤野正直
結髪:橋本明子
衣裳:三上剛
擬斗:谷明憲
舞踊指導:長曾我部はる子
音楽:小川寛興 主題歌:佐々木新一「ワタリ」
記録:矢部はつ子
編集:神田忠男
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業 合成:松本春吉
【特殊撮影班】
監督:倉田準二
撮影:赤塚滋
照明:若木得二
美術:石原昭
助監督:清水彰
記録:勝原繁子
協力:森康二、菊池貞雄、羽根章悦(東映動画スタジオ)
進行主任:中川卓慶
助監督:本田達男
スチール:諸角義雄
出演:金子吉延、本間千代子、伊藤敏孝、村井国夫、天津敏、内田朝雄、瑳川哲朗、汐路章、楠本健二、牧冬吉、原健策、ルーキー新一
1966年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
大忍術映画 ワタリ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大忍術映画 ワタリ大忍術映画 ワタリ
大忍術映画 ワタリ