映画「爆弾を抱く女怪盗」

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」高倉みゆき
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
高倉みゆき                      菅原文太

今回は土居通芳監督1960年製作「爆弾を抱く女怪盗」をピックアップする。
新東宝時代(1958~1961年在籍)の菅原文太さんが、鉄道公安官と海上保安庁捜査官を演じている。その後の東映時代とは全く違うキャラであるのが目新しい。ヒロインは1957年に新東宝社長の大蔵貢氏によってスカウトされた高倉みゆきさんである。「天皇・皇后と日清戦争(1958年/並木鏡太郎監督)」「明治大帝と乃木将軍(1959年/小森白監督)」で皇后役に起用され「皇后女優」と呼ばれたそうだが、本作の様なクライムサスペンスものも難なくこなしている。画面サイズは、新東宝最大のヒット作である「明治天皇と日露大戦争(1957年/渡辺邦男監督)」で初めて採用されたシネマスコープ・レンズを使用している。

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」三条魔子(シークレット・フェイスとしてタイトルされている)
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
三条魔子                        吉田輝雄

【ストリー】
暗夜を西下する急行“銀河”。鉄道公安官・朝倉伸男(菅原文太)は網棚からボストンバッグを抜き取ろうとしている二人連れの置き引きを取り押えようとしたが、美貌の女にさえぎられた。不思議なことに女の手にボストンバッグが握られていた。それを被害者の東洋貿易専務・吉沢文雄(岬洋二)にかえした朝倉は女を取り調べるため乗務車掌室に入ったが、麻薬をかがされ逃げられてしまった。朝倉は責任をとって辞表を出した。その夜、芝浦海岸の東洋貿易が襲われた。その一団を指揮していたのが謎の女だった。かねてから密輸のうたがいで張り込んでいた朝倉はその女に不二ホテルへつれ込まれた。そこで謎の女を首領にしたこの一団が東洋貿易社長・立花竜太郎(沼田曜一)の仕事を妨げるため暗躍していることを知った。興味を持った朝倉はすすめられるまま協力することとなった。立花は取り調べの刑事に5,000万円相当のダイヤを奪われたと申し立てたが実はダイヤは地下の秘密金庫にあった。その夜、このダイヤを秘密裏に神戸に送るトラックが襲われダイヤは奪われた。謎の女の一団だった。ところが翌朝ダイヤはふたたび立花の手に返った。一団の一人島崎(御木本伸介)の裏切からだった。その島崎が殺された。警察の追求をのがれるため山小屋にひそんだ時、朝倉は彼女が元北支開発の副総裁だった三ノ宮伯爵令嬢・雅子(高倉みゆき)であることを知らされた。父を殺し三ノ宮家の財産を横領した元執事の立花に復讐しようとしていたのだ。これをたすけたのが立花の秘書に入り込んだ星野久美(三条魔子)だった。不二ホテルを密輸の巣と密告して外国に脱れんとする立花一味の動きを知った雅子はヘリコプターで城ヶ島に向った。そして逃亡寸前の立花らをとらえたが不覚にも拳銃を奪われてしまった。ダイナマイトをくくりつけられた雅子と久美のあわやという一瞬、巡視艇に乗った朝倉がかけつけ、立花一味はとらえられた。

爆弾を抱く女怪盗
「爆弾を抱く女怪盗」菅原文太
爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
三原葉子

題名:爆弾を抱く女怪盗
監督:土居通芳
製作:大蔵貢
企画:佐川滉、中塚光男
原案:室町加納
脚本:土居通芳、大貫正義
撮影:森田守
照明:平岡岩治、岡庭正隆
美術:加藤雅俊
録音:鈴木勇
編集:鹿島秀男
音楽:渡辺宙明
製作主任:奥原徳太郎
助監督:大貫正義
出演:高倉みゆき、菅原文太、三原葉子、三条魔子(シークレット・フェイス)、沼田曜一、吉田輝雄、御木本伸介、岬洋二、高松政雄、浅見比呂志、九重京司、渡辺高光、村山京司
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ79分35mmフィルム

爆弾を抱く女怪盗爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗
爆弾を抱く女怪盗