映画「私が棄てた女」

私が棄てた女
「私が棄てた女」浅丘ルリ子
私が棄てた女私が棄てた女
浅丘ルリ子                    河原崎長一郎

今回は浦山桐郎監督1969年製作「私が棄てた女」をピックアップする。
本作は遠藤周作氏の同名小説を映画化したもので、内容は幸福な人生の為と田舎娘を棄て、出世の道を選んだ男の末路を虚無的に描いているが、ベテラン女優の浅丘ルリ子さんに優るとも劣らないデビュー作を飾った小林トシ江さんの存在感に圧倒される作品である。浦山監督の秀逸な演出と相まって本作は傑作であると思う。東京都内でのロケ地は、品川区五反田駅周辺、世田谷区成城学園周辺、台東区上野動物園などだ。

私が棄てた女
「私が棄てた女」小林トシ江
私が棄てた女私が棄てた女
小林トシ江                 小沢昭一、浅丘ルリ子、河原崎長一郎

【ストリー】
自動車の部品会社に勤める吉岡努(河原崎長一郎)は、専務の姪のマリ子(浅丘ルリ子)との結婚を控えていたが楽しくはなかった。かつては学生運動に青春を燃やした自分が、いまは刹那的な快楽と利益を追う並みの人間の一人になっているのを自覚していたからだ。ある夜、努は旧友の長島(江守徹)らとクラブの女を抱いた。その女から努はミツ(小林トシ江)の噂を聞いて愕然とした--。彼女は努が学生時代に遊び相手として見つけた女工だった。愛情もなく、肉体だけのつながり、将来への希望もない中で努が肉体だけを楽しむだけ楽しんだ上、海岸におきざりにして逃げてきた女、それがミツだった。下宿も変えた努に、ミツが子供を中絶したことなど知る由もなかった。こうしてミツとの関係を断ってから、努は今の会社に勤め、マリ子から愛された。社長一家との顔合せに向かう途中で努は偶然ミツを見かけ追いかける。突然の再会にミツは泣き崩れるのだった。顔見せの宴で努はしたたか泥酔したが、それでもマリ子の愛は変らなかった。しかし、努の心には、ミツを無残に見捨てたことへの慚愧の思いがあったのだ。とにかく、努はマリ子と結婚した。一方、ミツはその頃、借金をかかえて失意の日を送っていたが、女工時代からの仲間しま子(夏海千佳子)から努の結婚のニュースを聞いた。それでも彼女は努との思い出を大事にしているのだった。ミツはひょんなことから知り合ったキネ婆さん(岸輝子)の入った養老院に住み込みで働くようになる。その頃、努は都心のアパートに新居を構えたが、何かしっくりゆかなかった。ある日、努は業者の接待にきたホステスのしま子からミツの近況を聞きミツに会った。いつか二人は結ばれたが、その様子をしま子の情夫武隈(江角英明)が撮影していた。やがてマリ子の許にかつて努がミツに送ったラブレターが送られてきた。かねてから不審に思っていたマリ子は、養老院で働くミツを訪ね、手切金をつきつけたが、手紙はしま子の仕業だったのだ。それに気づいたミツはしま子から写真のネガを奪って焼いた。そして怒る武隈に窓から外に逃げようとしたミツは転落死する。努は彼女の死を知って、始めてミツを、本当に愛していたことを知った。それを告げられたマリ子は努を罵倒してアパートを出て行く。努の悪夢が始まる……。妊娠を告げられたマリ子がアパートに戻ると努とキネ婆さんの息子八郎(加藤武)が将棋を指している。ミツの写真と手紙を燃やしたマリ子はつぶやく。「ミッちゃん。何故あなたは死んだのか。何故あなたはもっと生きつづけて私を苦しめなかったのか…」。

私が棄てた女私が棄てた女
小林トシ江、加藤武                河原崎長一郎、夏海千佳子

題名:私が棄てた女
監督:浦山桐郎
企画:大塚和
原作:遠藤周作「私が棄てた女」
脚本:山内久
撮影:安藤庄平
照明:岩木保夫、松下文雄
録音:紅谷愃一、神保小四郎
美術:横尾嘉良、深民浩
記録:中川初子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:長谷川朝次郎
助監督:斎藤光正
出演:河原崎長一郎、浅丘ルリ子、小林トシ江、小沢昭一、加藤武、岸輝子、辰巳柳太郎、加藤治子、夏海千佳子、佐野浅夫、露口茂、大滝秀治、江守徹、江角英明
1969年日本・日活/シネスコサイズ・パートカラー116分35mmフィルム

私が棄てた女私が棄てた女
露口茂                         浅丘ルリ子

私が棄てた女
私が棄てた女