映画「なつかしい風来坊」


ハナ肇                                 有島一郎

今回は山田洋次監督1966年製作「なつかしい風来坊」をピックアップする。
本作は、ハナ肇さん演じるキャラクターを中心に、巻き込まれ型のドラマ展開で、アイロニーの効いた優秀な人情喜劇だ。
本作は「男はつらいよ・シリーズ」寅さんの原点とも言える作品である。特に中流意識の不信感、差別感、嫌らしさを炙り出しているのが良い。


倍賞千恵子                           中北千枝子、久里千春、ハナ肇 

【ストリー】
衛生局防疫課の課長早乙女良吉(有島一郎)と、土方の源五郎(ハナ肇)と知り合ったのは酒が取り持ったのである。同僚の送別会でしたたかに酔った良吉が、茅ケ崎の駅でタクシーを待つ間、屋台のオデン屋で一杯やっているうち、隣に座った源五郎とすっかり意気投合、あげくには家に泊めてしまったのだ。妻の絹子(中北千枝子)、娘の房子(真山知子)は土方の源五郎を気味わるがり、翌朝、源五郎を追い返してしまった。だが、源五郎は茅ケ崎海岸で道路工事をやっているため、ちょくちょく良吉の家にやって来た。良吉の家の前をローラ車に乗ってやってきて道路直しをしたり、押売りを追っばらったり、今ではすっかり良吉の家庭に入りこんでいた。或る日、良吉の息子の学(山尾哲彦)に、土産だといって純血種の洋犬を連れて来た。知り合いの犬殺しに頼んで、保健所から薬殺寸前の犬を連れて来たのだった。学は大喜びだったが、この犬には引取人が現われた。伊達財閥で名高い伊達家の飼犬だったのだ。これが縁で房子と伊達家の長男一郎(山口崇)とが恋人同士になった。秋も近づいた頃、源五郎はこんど、身投娘を良吉の家にかつぎこんできた。娘は愛子(倍賞千恵子)といい、自殺する程の境遇ながら、性格の明るい控えめないい子だった。愛子は良吉の家にお手伝いさんとして、働くことになった。それからというもの源五郎は足繁く、良吉の家に来るようになった。どうやら愛子に惚れたらしいと睨んだ良吉は、愛子と源五郎を映画に出してやるのだった。その帰り、源五郎が愛子の手を握ろうとし、びっくりした愛子が道路下に落ちこみ、泥んこになったことからおかしくなった。絹子は、源五郎が乱暴したのではないかと言い、愛子は沈黙を守り源五郎は失踪した。暫くして愛子も良吉の家を出ていった。それから一年が過ぎた或る日、汽車の中で良吉はばったりと源五郎と逢った。そこには生れたばかりの赤ん坊を抱いた愛子の姿があった。


倍賞千恵子、山尾哲彦、ハナ肇、真山知子             なつかしい風来坊

題名:なつかしい風来坊
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、森崎東
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:飯島陸夫
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:中村良三
編集:浦岡敬一
音楽:木下忠司
現像:東京現像所
製作主任:沼尾釣
制作進行:福山正幸
監督助手:大嶺俊順
スチール:堺謙一
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、有島一郎、中北千枝子、真山知子、山口崇、久里千春、松村達雄、桜井センリ、犬塚弘、武智豊子、山尾哲彦
1966年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
なつかしい風来坊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松村達雄、有島一郎、鈴木瑞穂            倍賞千恵子、有島一郎