映画「光る海」

光る海
「光る海」吉永小百合
光る海光る海
吉永小百合                      浜田光夫
光る海光る海
十朱幸代                       和泉雅子

今回は中平康監督1963年製作「光る海」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を映画化したものだが、豪華俳優陣が、情報量の多いセリフを歯切れ良く、ハイ・テンポで描いてゆくのが魅力で、126分という長尺なのに冗長なシーンがなく、監督の力量を感じさせる傑作である。

光る海光る海
高峰三枝子                     田中絹代

【ストリー】
4年間、33人の女子学生の中で耐えてきた英文科の7人のサムライ、野坂(浜田光夫)、向井(山内賢)、浅沼(和田浩治)等は、卒業式もついに、総代を作家志望の石田美枝子(吉永小百合)と、美人の葉山和子(十朱幸代)にとられて、気が重かった。卒業パーティの終ったあと、忘れ物のバッグを届けに野坂は、美枝子の家を訪れた。美枝子の母雪子(高峰三枝子)は、田島(宮口精二)と離婚し、銀座でバーを開くマダムだった。この夜、野坂は、祝杯に酔った美枝子と何の約束もなくベーゼを交はして別れた。卒業後野坂は放送局に、美枝子は創作に、和子と浅沼は和子の伯父矢崎(森雅之)の経営する貿易会社にと、忙しい日々がすぎていったが、ここにグループにとって大問題が生じて来た。浅沼と同棲している木村栄子(松尾嘉代)が妊娠したのだ。浅沼は、結婚を秘して入社し、アメリカに留学もきまっている現在話は難行したが、会社は和子、出産は医者を父にもつ野坂の計いで落着した。その夜和子は野坂を家に誘った。そこで、和子の妹で、おしゃまな現代っ子の久美子(和泉雅子)から二人の間の微妙な感情を指摘され、たじろいだ。一方美枝子は、出版社に勤める向井の進めで二つの作品を新人賞に応募した。そんな日、母の経営するバーで和子の伯父の矢崎(森雅之)に会い、病気の妻信子(田中絹代)が、雪子親子に会いたがっていると聞かされて美枝子は一面識もない人々の申し出に驚いた。それから数日後、浅沼と栄子は目出度くゴールインした。全て友人でまかなわれた珍妙な結婚式で、途中、栄子が男児を出産する騒ぎだった。一方美枝子は応募した作品が新人賞に入選した。何かうれしく不安な自分を、今こそ野坂に全てを与えても悔いないと思ったが、野坂は和子と婚約を発表していた。また雪子も矢崎の亡き妻信子の遺言通り、結婚し、幸福そうだった。日活ホテルで、美枝子の新人賞受賞パーティーの開かれた席上、野坂と和子を祝して、美枝子は「私は、結婚はぬきにして、以前から野坂君の逞ましい身体に噛みつきたいと何度か思ったことです。二人ともお目でとう」ユーモラスな祝辞にわき返る皆の顔が、涙でうるんだ美枝子の目に金色に輝く海に変化するようだった。

光る海光る海
森雅之、高峰三枝子                  松尾嘉代 

題名:光る海
監督:中平康
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:池田一朗
撮影:山崎善弘
照明:森年男
美術:松山崇
録音:橋本文雄
特殊技術:金田啓治
記録:大和屋叡子
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:曽我仁彦
色彩計測:畠中照夫
スチール:斎藤耕一
出演:吉永小百合、浜田光夫、十朱幸代、和泉雅子、高峰三枝子、田中絹代、森雅之、太田博之、松尾嘉代、清水将夫、山内賢、和田浩治、高野由美、下條正巳、佐野浅夫、宮口精二、浜村純、奈良岡朋子、ミヤコ蝶々、飯田蝶子、山本陽子(特別出演)、小池朝雄(Na)
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー126分35mmフィルム

光る海光る海
ミヤコ蝶々                  吉永小百合、浜田光夫、十朱幸代