映画「女奴隷船」

女奴隷船女奴隷船
三ツ矢歌子                       菅原文太

今回は小野田嘉幹監督1960年製作「女奴隷船」をピックアップする。
本作は菅原文太さんが26哉の時に撮られた作品で、ヒロイン役の三ツ矢歌子さんは本作が契機で小野田監督と結婚されたそうだ。内容は、昭和20年初頭(戦時下)の時代設定で、日本女性を上海まで運んでセリにかけて売り飛ばす「お唐さん船」を背景にした海洋アドベンチャーとなっている。銃撃戦のエキストラ数は比較的多く娯楽作品として楽しめた。

女奴隷船女奴隷船
丹波哲郎                        三原葉子

【ストリー】
昭和20年初頭、秘密命令を帯びて大本営に向った須川中尉(菅原文太)は、敵機の攻撃に会い南シナ海で遭難した。上海に帰るという得体の知れない貨物船に救われた。実は、日本の女たちを上海に売り飛ばす“お唐さん船”と呼ばれている女奴隷船だった。野戦看護婦になるという名目で送りこまれた瑠美子(三ツ矢歌子)は、この船の実体を知り海中に身を投じようとした。が、見つけられ首領クイン(三原葉子)の命で体刑を加えられた。須川がこれをかばい水夫たちを殴り倒した。--突然海賊船が姿を現わした。貨物船は火を放たれ、須川らは海賊船に移った。船は海賊たちの本拠である小島に碇泊した。島では女たちのセリ売りが始められた。売約済みの女に焼鏝をおすという残虐な行為に、女たちは舌を噛み切る決意をした。死なれてはと、奴隷小屋に監禁された。須川は見張りを倒し、女たちを連れ出した。が、須川が瑠美子と、人江まで逃げ高速艇を奪おうと相談しているのを聞いたクインは一行から抜け出し逃亡を知らせた。クインは須川に惚れていた。一等航海士の海蛇(杉山弘太郎)が機関銃を持って須川の許に走り、援助を願い出た。彼は脱走兵だったのだ。海蛇の助けと、女どもの奮戦で海賊たちは倒された。須川は首領(丹波哲郎)を倒した。

女奴隷船女奴隷船
女奴隷船

題名:女奴隷船
監督:小野田嘉幹
製作:大蔵貢
企画:竹中美弘
原作:舟崎淳
脚本:田辺虎男
撮影:山中晋
照明:傍士延雄
録音:竹口一雄
美術:小汲明
音楽:渡辺宙明
出演:菅原文太、三ツ矢歌子、丹波哲郎、三原葉子、左京路子、沢井三郎、大友純、杉山弘太郎、川部修詩、中村虎彦
1960年日本・新東宝/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム

女奴隷船女奴隷船
三ツ矢歌子、菅原文太

女奴隷船
「女奴隷船」三原葉子