映画「帝銀事件死刑囚」

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
内藤武敏                       信欣三

今回は熊井啓監督1964年製作「帝銀事件死刑囚」をピックアップする。
戦後の混乱期に発生した大量毒殺事件である帝銀事件の犯人として逮捕され、死刑が確定した平沢貞通氏の冤罪を扱った作品である。死刑宣告をされ、釈放されないまま、逮捕から獄死(1987年)までの39年間を死刑囚独房で過ごしたのだ。こんな不条理な事実を行う捜査当局、司法は、何なのだろうか?死刑制度の賛否は、被害者側の立場に立つと分からないでもないと思うが、冤罪で死の恐怖を39年間も受けた平沢貞通氏とその家族に対する報いは、誰が責任を取るのというのか?これは史実であり、フィクションではないのだ。

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
笹森礼子                        井上昭文

【ストリー】
昭和23年1月26日の午後3時すぎ、豊島区の帝国銀行椎名町支店に、中肉中背の中年の男が訪れた。男は東京都衛生課、厚生省医学博士の名刺を出し、赤痢の予防薬と称して、進駐軍の命により予防薬を行員、家族16名に飲ませた。ピペットで白濁の液を茶碗に分ける手つきは、職業的な鮮かさであった。が、数分後、その液を飲んだ行員は、苦悶の絶叫とともに、血を吐いて倒れていった。犯人は、現金、証券18万円を奪って逃走した。警察、新聞、国民の眼は一斉に活動を始めた。昭和新報の敏腕記者、大野木(鈴木瑞穂)、笠原(庄司永建)、武井(内藤武敏)らも動き始めた。被害者のうち12名が死亡していた。毒物の捜査班は、犯人の使った青酸性化合物が、終戦直前、731部隊で極秘裡につくられた毒物と知った。武井は731の生き残り将校佐伯に会い、毒物について、追求したが、佐伯は語ろうとしなかった。デスクの大野木は、その直前GHQのバートン主席から、731部隊を追求するのをやめるよう注文された。一方、国木田警部補(陶隆司)ら名刺捜査班は、名刺の所有者である、モンタージュ写真に似た画家平沢貞通(信欣三)を逮捕した。事件直後、かなりな金を預金しているのだ。首実検の結果、大半は彼を否定し犯人と言いきる者は一人もいなかった。国木田と森田検事(草薙幸二郎)は、筆跡鑑定の結果クロをもって、執拗に食いさがった。9月、平沢はついに真犯人であることを自供した。しかし、彼はすぐそれをひるがえした。強圧的な肉体的、精神的尋問に耐えられず自白したというのだ。しかし、東京地方裁は、死刑を宣告し、東京高裁も死刑を確定した。だが、刑の執行は、いまだに行われない。彼は、仙台宮城刑務所に移送されているのだが……。娘の俊子(柳川慶子)は、国籍を捨てアメリカに渡っていった。そして、それからみつけられた数々の事実は、平沢のシロを証明するものばかりなのだが……。

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
高品格

題名:帝銀事件死刑囚
監督:熊井啓
企画:柳川武夫
脚本:熊井啓
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
録音:古山恒夫
美術:千葉和彦
編集:丹治睦夫
音楽:伊福部昭
製作担当者:栗橋正利
助監督:渡辺昇
スチール:目黒祐司
出演:信欣三、内藤武敏、笹森礼子、柳川慶子、井上昭文、北林谷栄、平田大三郎、庄司永建、藤岡重慶、木浦佑三、伊藤寿章、長尾敏之助、草薙幸二郎、高品格、陶隆司
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ108分35mmフィルム

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
北林谷栄                         柳川慶子

映画「光る海」

光る海
「光る海」吉永小百合
光る海光る海
吉永小百合                      浜田光夫
光る海光る海
十朱幸代                       和泉雅子

今回は中平康監督1963年製作「光る海」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を映画化したものだが、豪華俳優陣が、情報量の多いセリフを歯切れ良く、ハイ・テンポで描いてゆくのが魅力で、126分という長尺なのに冗長なシーンがなく、監督の力量を感じさせる傑作である。

光る海光る海
高峰三枝子                     田中絹代

【ストリー】
4年間、33人の女子学生の中で耐えてきた英文科の7人のサムライ、野坂(浜田光夫)、向井(山内賢)、浅沼(和田浩治)等は、卒業式もついに、総代を作家志望の石田美枝子(吉永小百合)と、美人の葉山和子(十朱幸代)にとられて、気が重かった。卒業パーティの終ったあと、忘れ物のバッグを届けに野坂は、美枝子の家を訪れた。美枝子の母雪子(高峰三枝子)は、田島(宮口精二)と離婚し、銀座でバーを開くマダムだった。この夜、野坂は、祝杯に酔った美枝子と何の約束もなくベーゼを交はして別れた。卒業後野坂は放送局に、美枝子は創作に、和子と浅沼は和子の伯父矢崎(森雅之)の経営する貿易会社にと、忙しい日々がすぎていったが、ここにグループにとって大問題が生じて来た。浅沼と同棲している木村栄子(松尾嘉代)が妊娠したのだ。浅沼は、結婚を秘して入社し、アメリカに留学もきまっている現在話は難行したが、会社は和子、出産は医者を父にもつ野坂の計いで落着した。その夜和子は野坂を家に誘った。そこで、和子の妹で、おしゃまな現代っ子の久美子(和泉雅子)から二人の間の微妙な感情を指摘され、たじろいだ。一方美枝子は、出版社に勤める向井の進めで二つの作品を新人賞に応募した。そんな日、母の経営するバーで和子の伯父の矢崎(森雅之)に会い、病気の妻信子(田中絹代)が、雪子親子に会いたがっていると聞かされて美枝子は一面識もない人々の申し出に驚いた。それから数日後、浅沼と栄子は目出度くゴールインした。全て友人でまかなわれた珍妙な結婚式で、途中、栄子が男児を出産する騒ぎだった。一方美枝子は応募した作品が新人賞に入選した。何かうれしく不安な自分を、今こそ野坂に全てを与えても悔いないと思ったが、野坂は和子と婚約を発表していた。また雪子も矢崎の亡き妻信子の遺言通り、結婚し、幸福そうだった。日活ホテルで、美枝子の新人賞受賞パーティーの開かれた席上、野坂と和子を祝して、美枝子は「私は、結婚はぬきにして、以前から野坂君の逞ましい身体に噛みつきたいと何度か思ったことです。二人ともお目でとう」ユーモラスな祝辞にわき返る皆の顔が、涙でうるんだ美枝子の目に金色に輝く海に変化するようだった。

光る海光る海
森雅之、高峰三枝子                  松尾嘉代 

題名:光る海
監督:中平康
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:池田一朗
撮影:山崎善弘
照明:森年男
美術:松山崇
録音:橋本文雄
特殊技術:金田啓治
記録:大和屋叡子
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:曽我仁彦
色彩計測:畠中照夫
スチール:斎藤耕一
出演:吉永小百合、浜田光夫、十朱幸代、和泉雅子、高峰三枝子、田中絹代、森雅之、太田博之、松尾嘉代、清水将夫、山内賢、和田浩治、高野由美、下條正巳、佐野浅夫、宮口精二、浜村純、奈良岡朋子、ミヤコ蝶々、飯田蝶子、山本陽子(特別出演)、小池朝雄(Na)
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー126分35mmフィルム

光る海光る海
ミヤコ蝶々                  吉永小百合、浜田光夫、十朱幸代

映画「プロフェッショナル」

プロフェッショナル
「プロフェッショナル(THE PROFESSIONALS)」クラウディア・カルディナーレ
プロフェッショナルプロフェッショナル
バート・ランカスター                                          リー・マーヴィン

今回はリチャード・ブルックス監督1966年製作「プロフェッショナル(THE PROFESSIONALS)」をピックアップする。本作の公開された1966年度はイタリア製西部劇が世界的に大ヒットし、アメリカ本国でも多数公開されていた状況で、逆にイタリアから名女優クラウディア・カルディナーレを呼んで製作しているのが興味深い西部劇である。内容も往来のハリウッド西部劇と違った展開でおもしろかった。

プロフェッショナルプロフェッショナル
クラウディア・カルディナーレ     クラウディア・カルディナーレ、ジャック・パランス

【ストリー】
1917年、メキシコ革命の時代。数百名の革命派くずれの無法者たちが、山賊となって国境付近で暴れまわっていた。その頃テキサス油田の持ち主グラントの妻マリア(クラウディア・カルディナーレ)が彼らに誘拐され、身代金10万ドルを要求されていた。グラント(ラルフ・ベラミー)は妻をとりかえすため4人の男を雇った。彼らはそれぞれの特技をもつ戦争専門家だった。ファーダン(リー・マーヴィン)は、射撃の名手で4人のリーダー格。エーレンガード(ロバート・ライアン)は馬に関しての専門家、ジェイク(ウディ・ストロード)は追跡と狩りの名人で、ナイフと弓矢の術は抜群だ。そしてドルワース(バート・ランカスター)はダイナマイトの専門家といったぐあい。4人は出発した。岩山と砂漠が広がる長い旅だ。途中何度か革命軍に襲われ、各自の特技をいかしてきり抜けた。メキシコ鉄道を見下ろす丘の上で4人は周囲を偵察した。政府軍に守られた機関車が来た時、首領ラザ(ジャック・パランス)を先頭に数十人の革命軍が現れた。列車はおさえられ乗員は全員射殺された。敵の根城の近くまできたらしい。その夜4人は攻撃を始めた。ダイナマイトを仕かけ、マリア救出におもむいたところ、なんとラザとマリアは夫婦だった。むりやりマリアを連れ出し、敵の本拠を爆破した。4人のプロフェッショナルとマリア、一行5人の脱出が始まった。砂嵐の中を、ラザ一味が追ってくる。戦闘が続き、敵の生存者はラザだけとなった。そして、ラザも一行に加えたのだが、彼の話によると、マリアはもともとメキシコの女で、グラントが土地を奪った際に連れ去ったのだという。マリアとラザは昔から恋人同士だったとも。グラントのきたないやり方に4人は怒った。賞金などいらない。プロフェッショナルたちはマリアとラザをメキシコに帰してやるのだった。

プロフェッショナルプロフェッショナル
ウディ・ストロード、ロバート・ライアン バート・ランカスター、クラウディア・カルディナーレ、リー・マーヴィン

題名:THE PROFESSIONALS
邦題:プロフェッショナル
監督:リチャード・ブルックス
製作:リチャード・ブルックス
原作:フランク・オローク ”A Mule for the Marquesa”
脚本:リチャード・ブルックス
撮影:コンラッド・ホール
美術:エドワード・S.H.ハワーズ
音楽:モーリス・ジャール
編集:ピーター・ツィンナー
現像:テクニカラー
撮影機材:パナビジョン
出演:バート・ランカスター、リー・マーヴィン、ロバート・ライアン、クラウディア・カルディナーレ、ウディ・ストロード、ジャック・パランス、ラルフ・ベラミー、ジョー・デ・サントス
1966年アメリカ/シネスコサイズ・カラー117分35mmフィルム

プロフェッショナルプロフェッショナル
リー・マーヴィン、バート・ランカスター

1 2 3 645