映画「ラーメン大使」


フランキー堺                      船越英二

今回は島耕二監督1967年製作「ラーメン大使」をピックアップする。
本作は、東宝専属俳優だったフランキー堺さんが、1958年から1969年まで制作された”駅前シリーズ(全24作)”の「喜劇 駅前満貫(監督:佐伯幸三)」と「喜劇 駅前学園(監督:井上和男)」の間に大映で制作された人情喜劇である。同年の他作品と比べて、感覚が古いなという印象だった。


渚まゆみ                        高毬子

【ストリー】
大小さまざまな船が停泊している横浜港に着いた貨物船で中国服を着た男が日本にやってきた。王さん(フランキー堺)である。古びた頭陀袋を堤げて、感慨無量の面持ちである。28年前、中国で極貧の生活を送っていた王さんは、一兵卒の山川(星ひかる)という日本人にお金を借り、今、その恩返しをしようと日本にきたのである。しかし、山川という名前だけでは探しようがない。王さんはクリーニング店の六さん(三角八郎)や長島巡査(船越英二)の世話で「万来軒」に住み込み、根気よく山川さんを探すことにした。たちまち王さんは人気者になってしまった。たどたどしい日本語も人気の原因だったが、何よりも王さんのチャーシューメンがおいしかったからである。そんな間に、訪ねてみた山川さんがとんだ人違いだったりしたが、ある日、ひょんなことから100万円を盗んだドロ棒を捕えたことから、王さんは全国に紹介されることになった。ところが、ニュースを聞いて現われたのは、山川組の親分で、王さんに金を貸したという。しかし、この親分は戦争中、刑務所に入っていたことが分った。その他、王さんの善意を利用しようとする人が次々に現われて、彼は弱ってしまった。しかも旅券の期限が迫っていた。万来軒のおしげ婆さんや六さんも奔走してくれたが、なかなか本物の山川さんには会えなかった。ところが、ある日、たったひとつの手掛りをもとに訪ねてみると、王さんの前に現われた老人こそは、探し求める山川さんたった。山川さんは実は、23円50銭を王さんに貸したのである。二人は再会を喜び、やがて、王さんの帰国の日には、六さんや長島巡査も駆けつけ、王さんは満足そうな笑顔を浮べて故国へ帰っていった。


春川ますみ                     若水ヤエ子

題名:ラーメン大使
監督:島耕二
企画:藤井浩明
原作:花登筐
脚本:舟橋和郎、花登筐
撮影:渡辺徹
照明:泉正蔵
録音:三枝康徐
美術:高橋康一
記録:沓掛恒一
編集:鈴木東陽
音楽:大森盛太郎
現像:東京現像所
製作主任:真鍋義彦
助監督:遠藤重行
スチール:沓掛恒一
出演:フランキー堺、船越英二、渚まゆみ、高毬子、春川ますみ、若水ヤエ子、人見きよし、星ひかる、中村是好、市村俊幸、丸井太郎、三角八郎
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
ラーメン大使 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺、船越英二              ラーメン大使

映画「悲しい色やねん」


仲村トオル                       高嶋政宏

今回は森田芳光監督1988年製作「悲しい色やねん」をピックアップする。
本作は、”新しいヤクザ映画”を志向している様だが、失敗している。カタルシスが皆無であり、高揚感も同様である。”新しい”コンセプトが陳腐であり退屈する内容だった。ちなみに本作は、石田ゆり子さんのデビュー作だったそうだ。


石田ゆり子                      藤谷美和子

【ストリー】
夕張トオル(仲村トオル)は大阪のヤクザ夕張組の一人息子だが、家業を継がず銀行員として働いていた。ある日、組長の父(高島忠夫)が四国でライバルの三池組系元ヤクザと喧嘩をした。しかし、トオルの活躍でコトは大きくならずにすんだ。一方、トオルの高校の同級生で三池組の桐山恵(高嶋政宏)も無意味な争いはしたくなかった。トオルは夕張組をゲーム用品の製造会社にして後を継ぎ大きなビジネスを目指していた。恋人ミキ(石田ゆり子)の父で御殿山コンツェルン総裁(北村和夫)の援助も期待できる。夢は黒浜を日本のラスベガスにすることだった。友情厚いトオルと恵はビジネスで組みたいと考えていたが、三池組組長(小林薫)は夕張組をつぶすことしか考えていなかった。立場の悪くなった恵は襲われ、トオルの父も暗殺された。トオルは、三池のいる病院へ乗り込んで撃ち殺した。しかし、恵も堂上マコ(藤谷美和子)というトオルに異常な愛をよせる女の凶弾に倒れたのだった。


小林薫、江波杏子                  北村和夫、高島忠夫

題名:悲しい色やねん
監督:森田芳光
企画:藤峰貞利
製作:黒澤満、青木勝彦
原作:小林信彦
脚本:森田芳光
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:落合保雄、度合誠司(NK特機)
録音:橋本文雄
音効:斎藤昌利 リーレコ:河野競司
美術:中澤克巳
装飾:山崎輝、小林聖樹、長谷川圭一、佐々木義博、森本常雄
スタイリスト:勝俣淳子、久我知子
衣裳:山田実
配役:飯塚滋、三沢和子
擬斗:高瀬将嗣
記録:森永恭子
編集:冨田功
音楽:梅林茂 主題曲:上田正樹「悲しい色やねん」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:トライ・アーツ
現像:東映化学
製作担当:望月政雄
製作進行:岩下真司、土門征一
演技事務:河合啓一
監督補:原隆三
助監督:鈴木元、明石知幸、篠原哲雄
撮影助手:高瀬比呂志、上野彰吾、石山稔
照明助手:高柳清一、長井広義、小川満、重田全史、平田孝浩
録音助手:柴山申広、田中靖志、横野一氏工、細井正次
美術助手:沖山真保、加藤典子 セット付:金丸浩
編集助手:田中慎二、堀口正則
音楽プロデューサー:高桑忠男
企画事務:木村典代、横田深幸
製作コーディネイター:坂東譲
ゲーム指導:野口秀明、針谷恵歴史
イラスト:上田三根子
制作協力:セントラルアーツ
スチール:井本俊康
出演:仲村トオル、藤谷美和子、高嶋政宏、江波杏子、石田ゆり子、小林薫、高島忠夫、橘ゆかり、森尾由美、秋野太作、イッセー尾形、阿藤海、上田正樹、松居一代、加藤武、北村和夫
1988年日本・サンダンス・カンパニー+東映/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
悲しい色やねん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


阿藤海                        森尾由美

高島忠夫、仲村トオル                 悲しい色やねん

【追記・訃報】
映画やテレビで幅広く活躍した俳優の高島忠夫(たかしま・ただお、本名高嶋忠夫)さんが2019年6月26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳。妻で女優の寿美花代((み・はなよ=88)の意向もあり、27日に自宅で密葬を行った。2人はおしどり夫婦として知られており、最期も寿美が自宅でみとった。お別れ会などは予定していない。息子の高嶋政宏(53)、高嶋政伸(52)も含めた芸能一家“高島ファミリー”として、晩年はバラエティーでも活躍したやさしいパパが静かに去った。
2019年6月29(土) 5:59配信 日刊デイリー


悲しい色やねん

撮影:前田米造氏                   特機:落合保雄氏
※キャメラは、Panaflex Golden 35mm(1,000Feetマガジン装着)

映画「かくも長き不在」

かくも長き不在かくも長き不在
アリダ・ヴァリ                 ジョルジュ・ウィルソン

今回はアンリ・コルピ監督1960年製作「かくも長き不在(UNE AUSSI LONGUE ABSENCE)」bestをピックアップする。
本作はアラン・レネ監督「二十四時間の情事(1959年)」「去年マリエンバートで(1961年)」の編集技師であるアンリ・コルピ氏が監督した第14回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ルイ・デリュック賞を受賞した作品である。デジタル修復版はフランス国立映画センターの協力により、オリジナル・ネガから4K解像度でスキャンされ、2K解像度で修復が行われた。

かくも長き不在かくも長き不在
ディアナ・レプブリエ              アリダ・ヴァリ、ジャック・アルダン

【ストリー】
テレーズ(アリダ・ヴァリ)は、セーヌの河岸に近い、“古い教会のカフェ”の女主人。貧しい人々の憩の場である。しっかりものと評判高かったが、女盛りを独り身で過したのだ。運転手のピエール(ジャック・アルダン)の親切にほだされるのも無理からぬことだった。彼女が、朝と夕方、店の前を通る浮浪者(ジョルジュ・ウィルソン)の姿に目をとめたのは、そんなある日だった。16年前、ゲシュタポに捕えられたまま、消息を絶った夫アルベールに似ているのだ。彼女は不安の混った期待でその男の通るのを待つようになった。ある暮れ方、手伝の娘に男を導き入れさせ、物陰で男の言葉に耳を傾けた。男は記憶を喪失したのだという。彼女は男の後をどこまでも尾けて行った。セーヌの河岸のささやかな小屋。その夜、そこから離れなかった。翌朝、男と初めて言葉を交した。彼女はもしや……という気持が、もう動かせない確信に変っていった。何日か後、アルベールの叔母と甥を故郷から呼び、記憶を呼び戻すような環境を作ってその結果に期待したが、彼の表情に変化は認められなかった。叔母は否定的だったが、彼女は信じて疑わなくなった。ある夜、男を招いて二人だけの晩さんをした。ダンスをした。それは幸福な記憶に誘う。彼女の眼にはいつしか涙が光っていた。夫の記憶を取り戻す術はないのか。背を向けて立ち去ろうとする男に、思わず叫んだ。「アルベール!」聞えぬげに歩み去る男に、それまでの一部始終を伺っていた近所の人たちも、口々に呼びかけた。瞬間、男は立ち止った。記憶が甦ったのか?一瞬、彼は脱兎の如く逃げ出した。その行く手にトラックが立ちふさがった。あっという間の出来事であった。目撃者のひとり、ピエールのなぐさめの言葉に、テレーズは一人言のように呟いた。「寒くなったら戻ってくるかもしれない。冬を待つんだわ」

かくも長き不在かくも長き不在
ジョルジュ・ウィルソン                アリダ・ヴァリ

題名:UNE AUSSI LONGUE ABSENCE
邦題:かくも長き不在
監督:アンリ・コルピ
製作:クロード・イエーガー
脚本:マルグリット・デュラス 台詞:ジェラール・ジャルロ
撮影:マルセル・ウェイス
編集:ジャクリーヌ・メピエル、ジャスミン・チェスニー
音楽:ジョルジュ・ドルリュー 主題歌:コラ・ヴォケール「三つの小さな音符」
現像:L.T.C
出演:アリダ・ヴァリ、ジョルジュ・ウィルソン、ジャック・アルダン、ディアナ・レプブリエ、カトリーヌ・フォントネー
1961年第14回カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ルイ・デリュック賞受賞。
1960年フランス・イタリア/ディアリスコープ(シネスコサイズ)・モノクロ98分35mmフィルム
かくも長き不在(デジタル修復版) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

かくも長き不在かくも長き不在
アリダ・ヴァリ            かくも長き不在(UNE AUSSI LONGUE ABSENCE)

1 2 3 600