映画「座頭市二段斬り」

座頭市二段斬り座頭市二段斬り
勝新太郎                        坪内ミキ子

今回は井上昭監督1965年製作「座頭市二段斬り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第10作目になる。切れ味が足りない内容の展開で少しガッカリしたが、現在も活躍する人気歌手小林幸子さんが子役で出演しているのは貴重だ。

座頭市シリーズ

座頭市二段斬り座頭市二段斬り
三木のり平、勝新太郎                  加藤武

【ストリー】
ある朝突然暴漢に襲われた座頭市(勝新太郎)は、一人を斬り殺し、もう一人の腕を斬り落した。こんな血なまぐさい旅に嫌気のさした座頭市は、昔、あんまの手ほどきをうけた彦の市師匠と、その娘お小夜(坪内ミキ子)を麻生の宿に訪ねた。だが、彦の市は殺され、お小夜は宿場の親分錣山の辰五郎(沢村宗之助)のために、今は名も錦木と変え女郎に身を沈めていた。驚いた座頭市は、お小夜のいる丁字楼を訪ねた。しかしお小夜は辰五郎の息のかかった郡代役所の磯田幸右衛門(春本富士夫)のいうままにならず激しい折檻の末、土蔵に閉じ込められていた。土蔵に忍びこんだ座頭市はお小夜から事件のあらましを聞いた。--彦の市は、あんまの最高位である検校位をもらうため、三百両の金を持って京都へ旅立った。が、途中何者かに殺され金をうばわれた。さらに辰五郎は親切ごかしに貸した百両をたてにとり、お小夜を丁字楼の女郎にしてしまったのだ--その夜座頭市は井戸尻軍十郎(三木のり平)と名乗る辰五郎の用心棒に呼ばれて肩をもんだ。これ幸いと座頭市は軍十郎からねほりはほりと辰五郎のようすを聞きだしたが、話が彦の市殺しのことになると、軍十郎も口をつぐんでしまった。そんな座頭市の姿をかいま見るもう一人の用心棒門倉小平太(加藤武)の眼には殺気があった。そのころ郡代役所では、八州見廻りによる帳簿調べが始まっていた。門倉は悪事露見を恐れる磯田から百両を奪い取ると、これを知って追いすがる見廻り役を斬りすて単身座頭市と対決した。だが座頭市必殺の剣に門倉はくずれおちた。しかし宿場に帰った座頭市は見廻り役殺しの罪で捕方にかこまれた。辰五郎と磯田の謀略であった。父親を思う軍十郎の娘お鶴(小林幸子)に仕込杖を奪われた座頭市は危機に陥った。が間一髪座頭市の義侠心にホレこんだ軍十郎がお鶴から仕込杖を取り座頭市に渡した。うなりをあげる座頭市必殺の二段斬りに、辰五郎も磯田も紅に染まった。

座頭市二段斬り座頭市二段斬り
小林幸子                      座頭市二段斬り
座頭市二段斬り座頭市二段斬り
座頭市二段斬り                     勝新太郎

題名:座頭市二段斬り
監督:井上昭
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:森田富士郎
照明:美間博
録音:海原幸夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
装置:吉見光男
擬斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:中西忠三
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、坪内ミキ子、三木のり平、加藤武、春本富士夫、倉田マユミ、小林幸子、伊達三郎、沢村宗之助、春本富士夫、藤山浩二
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
座頭市二段斬り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「ブラボー!若大将」



加山雄三                         酒井和歌子

今回は岩内克己監督1969年製作「ブラボー!若大将」をピックアップする。
本作は、1970年1月1日に公開された若大将シリーズの第15作になる。制作会社は東京映画である。
シリーズ最後の海外ロケが グアム島で行われた本作は、今までのシリーズ・テンプレートを外し、理不尽な失恋や会社組織に若大将が悩むという設定が新鮮だった。

【東京映画】
1952年(昭和27年)に東宝の関係会社として設立、東宝が配給した映画「駅前シリーズ」「クレージー・キャッツ」等のコメディ映画を製作し、東京映画撮影所を稼働させた。東宝は、東西両撮影所制を敷いた大映や東映、松竹(1965年京都撮影所閉鎖)と異なり、戦前期に京都撮影所を閉鎖して砧撮影所(東京都世田谷区)に製作を原則一元化していたが、傘下の東京映画と宝塚映画は、別に撮影所を持ち、盛期にはそれぞれ年間10本程度の作品を供給し続けている。監督と俳優は東宝から供給されたが、技術スタッフは独自の機構を備えてそれぞれのカラーを発揮した。東京映画は、撮影所なのに皆ネクタイを締めている、と活動屋たちを驚かせ初期の東宝撮影所の社風を戦後まで引き継いだ紳士集団であったと言われる。1983年(昭和58年)8月25日に株式会社東京映画新社に改名し、梅浦洋一社長在籍時の2004年9月1日に東宝に合併して消滅した。(ウィキペディア参照)
※撮影所は小田急線千歳船橋駅から10分のところにあり、第二ステージは成城消防署前にあった。(筆者)


高橋紀子                       田中邦衛、柏木由紀子

【ストリー】
三矢物産の営業部に勤務する田沼雄一(加山雄三)は、親友の青大将こと石山新次郎(田中邦衛)が専務をしている東西デパートと取引きのコネをつけた。そんなある日、雄一は、熊井鉄工の熊井(熊倉一雄)から、住宅用鉄材の売り込みを受けた。雄一は、“住宅に関する企画案”を提出し、岩崎部長(松村達雄)が賛成し、雄一は案の実現に猛ハッスル。ところが数日後、企画案が突然没になった。というのも、三矢物産は、熊井鉄工を無視して、裏面で大手の鉄工会社と事業提携を進めていたのだった。会社の道義に欠けるやり方に怒った雄一は、辞表を叩きつけ、単身グアムへ飛んだ。休暇で島に来た、節子(酒井和歌子)、チヨコ(坂倉春江)、玉江(松村幸子)や、商用で来た石山と事業提携で同行した西岡(藤岡琢也)と再会した。雄一と節子の間に恋が芽生えた。やがて帰国した雄一は、家業のすき焼き屋“田能久”の仕事に精を出したが、義弟の江口(江原達怡)の失敗の責任を負って家を出た。湾岸の荷下ろしやトラック運送などのバイトで生計を立てていた雄一は、バイト先のガソリンスタンドで偶然熊井と再会し、熊井鉄工に入社した。熊井の資金難を助けるべく、銀行家へ嫁いだ百合子(高橋紀子)に融資を頼んだ。その夜融資の成功を祝い踊る雄一と百合子を節子が見つけてしまう。二人の中を誤解する節子。一方、住宅事業が進展しない三矢物産は熊井鉄工と合弁会社をつくり、雄一は社長に就任した。休暇をとった雄一は再びグアムを訪れる。一足先に支店進出のため島を訪れた石山と節子と合流。そして誤解のとけた節子の明るい笑顔が、たくましい雄一のかたわらにあった。


菱見百合子(ひし美ゆり子)               熊倉一雄

加山雄三、藤岡琢也、松村達雄             松村達雄

題名:ブラボー!若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:中井朝一
照明:榊原康介
特機:三沢一義
録音:原島俊男
整音:西尾孝
美術:竹中和雄
装置:松原浩、中村洋文
小道具:阿部継、佐藤淑光、広島徳幸
装飾:佐々木庄次
結髪:渡辺キミ
衣裳:武藤芳史、柳生悦子(デザイン)
編集:広瀬千鶴
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「恋のコンパス」「淋しい二人」 「世界のどこかで」 「その訳はいえない」
現像:東京現像所
製作担当:島田武治、今井馨
製作進行:黒岩竜彦
助監督:瀬川淑
監督助手:鈴木一男、森康憲、福田元彦
撮影助手:平林茂明、安西清、山内峰治、鈴木義勝
照明助手:須藤実、塚田寿生、牛渡教孝、川島棋雄、釜田一、大野治夫、柿沼貞司
録音助手:高場豊、千葉富士雄、会田紀栄
美術助手:栗原信雄、薩谷和夫、国府田俊夫、堀川正巳
水中撮影:市原康至、宝田武久、五十畑幸勇、楠章治
スチール:中尾孝
演技事務:丹野弘章
音楽事務:西尾嘉十
製作宣伝:川島孝一
協力:パン・アメリカン航空
出演:加山雄三、酒井和歌子、高橋紀子、田中邦衛、江原達怡、菱見百合子(ひし美ゆり子)、大矢茂、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、柏木由紀子、藤岡琢也、松村達雄、熊倉一雄、坂倉春江、松村幸子、山田はるみ、小鹿敦、田島義文
1969年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
ブラボー!若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、藤岡琢也                  加山雄三、大矢茂

江原達怡、加山雄三                  ブラボー!若大将

映画「ラスト・ムービースター」

ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
バート・レイノルズ               アリエル・ウィンター

今回はアダム・リフキン監督2017年製作「ラスト・ムービースター(THE LAST MOVIE STAR)」をピックアップする。全米公開から遅れて2019年9月6日に日本で公開された。私は17日に新宿シネマカリテで観て来た。本作は、2018年9月6日に逝去した名優バート・レイノルズ最後の主演作であり、本人の境遇と絶妙にシンクロした設定と迫真の演技の傑作である。
先日紹介した「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でレオナルド・ディカプリオが演じる主人公の俳優リック・ダルトンと、ブラッド・ピット演じるスタントマン、クリフ・ブースのモデルはバート・レイノルズとハル・ニーダムであるが、クエンティン・タランティーノ監督は、彼を盲目のスパーン映画牧場主の役で起用しようとしていたが、死去により叶わなかった。

ラスト・ムービースターさすらいのガンマン
バート・レイノルズ(右はCG合成)            さすらいのガンマン(NAVAJO JOE/1966年)
ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
バート・レイノルズ、アリエル・ウィンター

【ストリー】
かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)は、ある映画祭から功労賞受賞の招待状を受け取る。しぶしぶ参加したエドワーズは、騙しに近い名もない映画祭だと知り憤慨するが、そこは彼が生まれ育った街ノックスビルの近くだった。自分が育った家や、大学のフットボールで活躍したスタジアムなどを目にしたエドワーズの脳裏に、過去の思い出がよみがえる……。

ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
ラスト・ムービースター(THE LAST MOVIE STAR)

題名:THE LAST MOVIE STAR
邦題:ラスト・ムービースター
監督:アダム・リフキン
製作総指揮:ブレット・トマソン、エリク・クリッツァー
製作:ゴードン・ホワイトナー、アダム・リフキン、ブライアン・キャバレロ
脚本:アダム・リフキン
撮影:スコット・ウィニグ
美術:ブレット・A・スノッドグラス
編集:ダン・フレッシャー
音楽:オースティン・ウィントリー
出演:バート・レイノルズ、アリエル・ウィンター、クラーク・デューク、エラー・コルトレーン、ニッキー・ブロンスキー、チェビー・チェイス、キャシー・ノラン
2017年アメリカ/シネスコサイズ・カラー103分デジタルシネマ
公式サイト

ラスト・ムービースターラスト・ムービースター
ラスト・ムービースター(THE LAST MOVIE STAR)キャシー・ノラン

1 2 3 564